‘政府・自治体’ カテゴリーのアーカイブ

2021年01月05日(火) 11:55:41

チベット人民代表大会は、米国の2020年チベット支援法に回答した

米国東部時間の12月27日に、トランプ米大統領は「2021年度財政割当金法案とコロナーウイルス救済法」に署名した。この法案には、中国に関連する否定的な内容とチベットの人権状況に関する誤った意見が多く含まれている。中国チベット文化保護開発協会は、国内外のチベットの伝統文化の保護と発展に従事し、熱心に取り組んでいる非政府組織にとって、この慣行に抗議し、絶対反対を表明した。今年はチベットの平和的解放か...続きを見る

2020年12月25日(金) 18:42:34

石川恋さん“越前がに”に感動!「旅色」2021年1月号&動画公開坂井市とタイアップ特別編と、峯田和伸さんのインタビュー掲載

「旅色」2021年1月号 石川恋さんが巡る「福井県坂井市、ノスタルジックな旅風景。」https://tabiiro.jp/ 電子雑誌「旅色」の新春、1月号では、福井県坂井市と提携し、壮大な自然と、明智光秀ゆかりの寺として注目を集める称念寺をはじめとする歴史探訪を楽しむ旅を提案する特別編を掲載。ナビゲーターの石川恋さんが、奇勝・東尋坊や、市民に「お天守」と愛されるかわいいサイズの丸岡城などを巡りま...続きを見る

2020年12月25日(金) 18:42:27

臼田あさ美さんが1泊2日の旅をナビゲート!「旅色FO-CAL」大崎町特集公開大崎町と提携し、電子雑誌・動画・紙冊子で魅力発信 

「旅色FO-CAL」大崎町特集 / スペシャルナビゲーター・臼田あさ美さん「ほっこりあたたかい町と人に出会う ローカルへの旅」https://tabiiro.jp/book/fo-cal/osaki/ 電子雑誌「旅色」は、鹿児島県曽於郡大崎町と提携し、豊かな自然やふるさと納税でも人気のグルメが楽しめる大崎町の魅力をPRする特別編を公開しました。ナビゲーターを務める臼田あさ美さんが、地元の人たちと...続きを見る

2020年11月25日(水) 11:03:18

筧美和子さんが鳥取県・湯梨浜を案内「旅色」12月号&動画公開 湯梨浜町とのタイアップ特別編&松本穂香さんのインタビュー掲載

「旅色」2020年12月号 筧美和子さんが巡る「癒しの郷・湯梨浜を自遊に歩く冬の旅」https://tabiiro.jp/ 電子雑誌「旅色」は、鳥取県・湯梨浜町と提携し、豊かな自然のなかでウォーキングやグラウンド・ゴルフが楽しめる町の魅力をPRする特別編を掲載した12月号を公開しました。ナビゲーターの筧美和子さんが、風光明媚な湯梨浜町で、素敵な“お散歩旅”を楽しみます。 また、主人公の声優を務め...続きを見る

2020年11月13日(金) 13:33:55

持続可能なGIGA スクール構想に向けた包括連携協定を締結

全国の⾃治体や企業とともに新しい事業の創造やソーシャルデザインを⾏うボノ株式会社(本社:東京都⽂京区、代表取締役:横⼭貴敏)は⼈財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループのグループ会社で、IT・R&D およびコンサルティング領域のエンジニア派遣事業ブランドModis VSN を展開する株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社⻑: 川崎 健⼀郎)および、福島県⽮祭町と「持...続きを見る

2020年11月09日(月) 11:32:31

11月は「過労死等防止啓発月間」:合同会社パラゴン代表、厚労省主催シンポジウム2会場で講演

11月は「過労死等防止啓発月間」2014年に成立した過労死等防止対策推進法では、過労死等を防止することの重要性について国民の自覚を促し、これに対する国民の関心と理解を深めるため、毎年11月を「過労死等防止啓発月間」と定めています。厚生労働省は、過労死等の防止のための活動を行う民間団体と連携して、「過労死等防止対策推進シンポジウム」を開催してきていました。ご家族を過労死や過労自死で亡くされたご遺族...続きを見る

2020年10月26日(月) 12:21:03

高橋メアリージュンが登場!「旅色」2020年11月号&動画公開島根県松江市とタイアップした特別編、松重豊のインタビューを掲載

「旅色」2020年11月号高橋メアリージュンさんが巡る「水の都・松江で過ごすごほうび時間」https://tabiiro.jp/ 電子雑誌「旅色」は、島根県松江市と提携し、宍道湖や中海に囲まれた水の都・松江を巡る旅を提案する特別編を掲載した11月号を公開。ナビゲーターには、ドラマやCMで活躍中の女優・高橋メアリージュンさんが登場し、以前から訪れてみたかったという松江の印象を語るインタビューととも...続きを見る

2020年08月27日(木) 19:28:44

チュ・ミエ法務部長官が身辺警護を要請-個人的な意見を一般化し、政治的論争に使用か

先月31日、チュ・ミエ法務部長官がホームページで、新天地イエス教会の信徒たちの脅迫などを理由に身辺警護を要請したと発表した。11日、新天地イエス教会は「チュ・ミエ法務部長官に対する脅迫はしておらず、これを謀ったりその素振りしたりもしていない」と断言し、「暴力的な行為や身辺を脅かす行動は一度もしていない」と強調した。日刊紙の報道によると、チュ・ミエ法務部長官は先月31日、警察に自宅パトロールの強化...続きを見る

2020年08月27日(木) 19:00:05

[評論]イ・マンヒ新天地総会長は世論の裁判を受けてはならない

春から続いた新型コロナで憂鬱だったが、弱り目に祟り目のように襲う天災がより一層国民を疲れさせている。春と夏、二つの季節を不安感と無気力のなか虚しく送り、誰もがさぞ苦しく大変だったであろう。憂鬱だという表現がこのようなときにピッタリであり、社会の清涼なところを探してみても何一つないのが現実である。ただ周辺で聞こえてくるのは、光復節という喜ばしい日であっても、国民がソウルの光化門(クァンファムン)へ...続きを見る