‘医療機関’ カテゴリーのアーカイブ

2018年08月24日(金) 14:35:23

18万円で患者の待ち時間による負担を減らすクリニック向け順番管理システム「ナラボネット」取り扱い開始

医療・健康関連ソフトウェア開発・販売、医療機器の製造販売を行うスキルインフォメーションズ株式会社(代表取締役:杉本 浩 本社:大阪市東淀川区)は、ipod touchで簡単に患者様の順番待ちを管理し、患者様の待ち時間による負担を減らし、医院様のスムーズな業務を提供する、クリニック向け順番管理システム「ナラボネット」の販売パートナーとして取り扱いを開始します。「患者さまの待ち時間のストレス軽減を図...続きを見る

2018年08月08日(水) 09:33:00

介護の専門性が高まる認知症の方への支援方法を導き出す!「新しい総合的認知症ケア研修会」を大阪・東京の2大都市で開催

【研修の目的】認知症の人は私たちと何が違っていて、何が同じなのかを考えことはありますか?違いは、認知症という疾患が「ある」か「ない」かの違いだけなのです。しかし、認知症ケアが難しいと感じてしまうのは、「言うことを聞いてくれない」「リハビリの指示が入らない」「認知症だからできない」という介護者側の視点による感じ方や介護者が困らない介護者側都合のアセスメントが原因ではないでしょうか。今回のこの研修会...続きを見る

2018年07月30日(月) 17:33:00

LangNetとDoctor Smartが連携。音声認識を使用し、発声パターンから病気を検出

Doctor Smart、グローバルデジタル・ヘルスエコシステムは、医療における音声認識の応用を研究するプログラムを開始します。本日私たちは、言語技術の分散型オープンエコシステムであるLangNetとのパートナーシップという、私たちの第一歩を発表することを誇りに思います。ある調査によると、米国の医師の半数以上が疲労、うつ状態にある、あるいはその両方にあります。この調査の全回答者の半数以上が、疲労...続きを見る

2018年07月13日(金) 10:18:50

『介護のリハビリケア研修会』を大阪・東京で開催【生活期リハの実践的リハビリアプローチとマネジメント力を高める!】

【研修会の目的~リハビリ効果を向上させる連携強化~】平成30年度の医療と介護の同時改定では、地域包括ケアシステムの構築に向けて医療と介護の連携推進がキーワードとなり、大きなテーマの一つとして「リハビリテーションにおける医療介護連携の推進」が盛り込まれました。これは医療でのリハビリテーションと介護でのリハビリテーションの双方が専門性の高いサービスを提供し、高い次元での連携が求められているということ...続きを見る

2018年06月27日(水) 08:24:11

ブロックチェーンとAIでヘルスケアを改革―Doctor Smart(ドクタースマート)が5千万ドルのトークンセールを発表

新しいデジタル医療サービスブロックチェーンエコシステムDoctor Smartが、今日ICOを発表して、DSTTトークンを発売します。主なトークンセールは2018年第3四半期から開始します。Grand View Researchによると、インターネット医療サービスは2022年に3080億ドル規模に達するそうです。市場の改革と、メディカルとヘルスケアのサービス向上を目標として(と同時に、更なる減額...続きを見る

2018年05月21日(月) 15:54:54

介護事業関係者のための専門誌「デイと介護の経営と運営」Vol.42より全コンテンツをリニューアルし発刊

リニューアルした誌面では、全国各地の介護施設の取り組みが分かる取材記事や先進的取り組みを行っている介護・医療事業の最新事例を紹介するページを増量。そのほかにも、業界最新のトピックスや介護・医療事業者の健全運営に欠かせない労務管理や職員トラブルへの対応なども多数掲載しています。また、今回のリニューアル号より年間購読いただいた方へ「訴訟事例から学ぶ!トラブル回避法」「介護現場で起こり得る労働トラブル...続きを見る

2018年05月21日(月) 11:49:17

介護人材の質的向上を具体的に述べる!『介護福祉人材戦略シンポジウム』を東京・大阪で開催

【シンポジウムを開催する理由】2015年には5万人の不足が2025年には約40万人の不足が想定されており、想像を絶する人材恐慌が勃発しかねません。今スタッフが充実している施設も人が不足してしまうと閉鎖となってしまいます。これからの介護最大の課題は人材確保・定着・育成です。介護人材を量・質ともに安定的に確保するための具体的手法について意見を述べ合い、様々な視点から学びます。【シンポジウムの内容】厚...続きを見る

2018年05月08日(火) 19:30:57

【生活機能再創造プログラム】を楽しく体験しながら学ぶ『日本ケアレク研修大会2018』を横浜・福岡・大阪で開催

■研修会の目的参加前と参加後の変化を実感する!介護現場で提供するレクリエーション(以下、レク)を「レク=ゲーム」「あ~楽しかった」で終わらせるのではなく、ご利用者の生活行為や意欲を向上するための【生活機能を再創造プログラム】として現場で実践できる提供方法やアプローチに変え、レクを行うことを目的とするのではなく、レクは「手段・ツール」であると再認識し、目の前の利用者になぜそのレクを実施するのかとい...続きを見る

2018年04月26日(木) 16:02:52

外国人患者受入れ医療機関への調査結果 平成28年度の外国人患者率は最大で約4%、最も受入れが多いのは中国

一般社団法人メディカルツーリズム協会 (事務所:東京都中央区、代表理事:村上 平)では、訪日外国人数が年々増加しており、日本の医療業界でもインバウンドの患者受入れや医療機関の外国人対応に関係する話題が注目されていることから、日本における医療ツーリズムの動向を把握する目的で、平成28年度の外国人患者受入れ状況について、医療機関を対象にアンケート調査を実施しました。 2017年 医療ツーリズムの概況...続きを見る