‘業務報告’ カテゴリーのアーカイブ

2019年06月28日(金) 19:39:44

世界初の契約型暗号銀行VRBが誕生し、ブロックチェーンから現実に近づく

2019年の今日、ブロックチェーンがもう一度公衆の視野に現れた時、もう一つのグループだけが上昇したK線図ではないです。5月に世界最大のアメリカ資産管理会社の富達は正式にブロックチェーンの採掘に進出すると発表しました。6月中にフェイスブックのブロックチェーンプロジェクトの安定貨幣のlibraが襲来しました。6月初めに世界で初めてデジタル資産管理と付加価値サービスに専念した暗号化銀行VRBが白書を発...続きを見る

2019年06月28日(金) 17:10:45

今度の大阪でのG20サミットでは,日本,中国,アメリカが最も注目される国である

大阪G20は、日本が初めてG20の主催側となり、政府と民間の間でとても重要視されている。日本は、この会合がグローバルガバナンスの分野においてより大きな役割を果たし、WTO改革、デジタル経済および女性の雇用を含む世界的な問題が促進される事を願っている。前回のG20閣僚会議で、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、IMFの推計によれば、最近の貿易摩擦により、2020年までに世界の国内総生産(G...続きを見る

2019年06月28日(金) 11:19:58

ISID、「テレワーク・デイズ 2019」に参加

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和亮一、以下ISID)は、総務省等がテレワークの全国一斉実施を呼びかけている「テレワーク・デイズ」の取り組みに、今年も特別協力団体※1として参加することをお知らせします。ISID はかねてより、多様な人材が活躍できる環境づくりの一環として、社員一人ひとりがより豊かな創造性と高い生産性を発揮できるよう、働き方改革に取り組んでいます。...続きを見る

2019年06月27日(木) 15:19:01

ISID、中期経営計画「ISID X Innovation 2021」の実現に向けた「X イノベーション本部」設置及び「プロジェクト X」発足について

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下 ISID)は、中期経営計画に掲げた「X Innovation(クロスイノベーション)」による新規事業創出を加速させるため、7月1日付で「X(クロス)イノベーション本部」を設置します。さらに、全事業部門の部門長を中心に構成する全社横断タスクフォース「プロジェクト X(クロス)」を発足し、当社の既存事業分野にとらわれな...続きを見る

2019年06月27日(木) 11:26:01

内モンゴルのエコツーリズム 日中交流の架け橋

オルドス(鄂爾多斯)市内に位置する恩格貝(オンカクバイ)砂漠は、クブチ(庫布其)砂漠の中ほどに位置する。27年前にはこの場所は荒れ果てた不毛の地で、30万ムー(1ムーは約0.06ヘクタール)にわたる土地には人影もまばらだった。それが27年後の現在では、美しい風景が広がり、多くの観光客が訪れる有名なエコツーリズムの人気の地域となっている。この砂漠の緑の奇跡は、日本の高齢者・遠山正瑛氏と彼が率いる数...続きを見る

2019年06月26日(水) 12:03:55

ISID、人型AIアシスタントの実証実験を東京・調布で実施

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下 ISID)のオープンイノベーションラボ(以下イノラボ)は、クーガー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:石井 敦)と共同で、人型 AI アシスタントの実証実験を、京王線調布駅周辺の商業施設「トリエ京王調布」(東京都調布市)で 6 月 29 日(土)、30 日(日)に実施します。本実証実験では、屋外広場に...続きを見る

2019年06月25日(火) 15:13:45

Loyyal、新たに韓国で特許取得、知的財産ポートフォリオを拡大

今日のロイヤリティおよびインセンティブ・プログラムにブロックチェーン技術を導入した業界リーダーであるLoyyalは、同社の「Distributed Ledger Protocol to Incentivize Transactional and Non-Transactional Commerce」が韓国知的所有権庁より特許(特許番号:10-1955833)を取得したことを発表しました。今回新た...続きを見る

2019年06月22日(土) 15:59:33

花家部落による日本を解読する研修視察ツアーが無事に終了

2019年6月7日から13日まで、花家部落はビジネス本質の探索、深くの研修、そして日本ビジネスを解読する考察活動を行った。この活動は花家部落の創始者であるアリスを団長とする視察団約200人が6月8日、日本の大阪に到着し、相次いで日本の大阪、京都を訪問し、日本から来た企業家の代表と友好的な交流を行った。ブランドの創始者であるアリスは活動が順調に開催するため、4日前に日本に着いてイベントの企画者と交...続きを見る

2019年06月18日(火) 10:27:57

「Hos-CanR NEXT登録データ解析ソフトウェア」バージョンアップ版の販売開始

がん登録のシステムとして「院内がん登録(地域がん登録)」「全国がん登録」「臓器癌登録」システムを株式会社ベクセルから技術譲渡したスキルインフォメーションズ株式会社(大阪市東淀川区、代表取締役:杉本浩)は、2019年6月末から第8版対応版ソフトCanStat-Rをリリースします。2016年から、「全国がん登録」の義務化を受けて「がん診療連携拠点病院」「都道府県独自認定指定医療機関」は登録の重要性が...続きを見る