‘業務報告’ カテゴリーのアーカイブ

2020年06月29日(月) 14:06:27

GSTcoinのAMA|国際市場に参入し、国際金融エコロジーチェーンの新たな旅を始める

世界で3番目に大きい経済国である日本は、毎日の支払いで現金をたくさん使用している。これは、世界のキャッシュレス化とはかなり異なる。その結果、日本は2017年から国内のブロックチェーン決済技術を精力的に開発しており、こういう新しい技術の波で最先端の方向をつかむように努めている。多くの機会と幅広い市場により、日本市場は主要なブロックチェーン金融機関が奪い合う場所になっている。6月28日、GSTcoi...続きを見る

2020年06月27日(土) 14:20:35

コロナウイルスに打ち勝つ―新規投資家が現在の経済情勢を乗り越えていく方法―

現在コロナウイルスは、世界経済や大多数の人口にマイナスの影響を与えており、その影響は今後も続くといわれています。世界銀行の世界経済の見通しに関する最新の報告書によると、コロナウイルスの影響により今年の世界経済は5.2%縮小しており、第二次世界大戦以降、最も深刻な状態にあります。経済が下降傾向にあるため失業率が増し、アメリカ合衆国は失業給付金の申請者が多い国の一つとなっています。2020年の5月末...続きを見る

2020年06月26日(金) 23:17:40

コマツの悲惨な安全記録

Good Jobs Firstによる違反追跡調査では、コマツ(OTCMKTS: KMTUY)は、米国労働安全衛生局(OSHA)、EPA、NLRBに引用された2000年以降の罰金額が300万ドルを超え、業界内でワースト6位にランクされています。主要な14の違反のうち8つには、職場の安全と雇用関連の違反が含まれています。2017年のOSHA違反報告によると、被引用数が最も多かったのは転倒防止でした。...続きを見る

2020年06月26日(金) 18:09:25

昭和電工、2019年度アルミ缶リサイクル活動実績を発表

昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、当社グループや協力企業各社の従業員によるアルミ缶リサイクル活動を継続して実施しています。2019年度(2019年4月~2020年3月)は、本活動により約443万缶(約67.8トン*)のアルミ缶を回収しました。昭和電工グループのアルミ缶リサイクル活動は、当社子会社の昭和アルミニウム缶株式会社が1972年に開始し、2001年よりグループ全体に発展させました。当...続きを見る

2020年06月25日(木) 17:23:22

学術集会で当センターが紹介されました

シンポジウム14「開業産業医(独立産業医)のキャリア、苦悩と解決」(座長 櫻澤博文(合同会社パラゴン)、松本吉郎(日本医師会))における、櫻澤博文医師による「開業産業医を支援するオープンイノベーションとは」の発表内で、当センターが提供するストレスチェックについて「80項目版というポジティブ心理学に基づいた、前向きさ、モチベーション、ロイヤリティまで計測可能な尺度をオンライン処理できるシステムを構...続きを見る

2020年06月23日(火) 16:20:47

昭和電工、連結子会社の商号変更に関するお知らせ

当社の連結子会社である日立化成株式会社は、2020 年6月 23 日に開催した同社定時株主総会において、商号を変更することを決議しましたのでお知らせいたします。1.変更の理由2020 年6月 23 日開催の同社定時株主総会において、商号を変更することを決議したため。新商号は、日立化成株式会社が当社グループの連結子会社として新たなスタートを切り、同社が有する、素材特性を生かした材料設計や機能評価・...続きを見る

2020年06月22日(月) 21:37:51

ワーナー・エアハードとマルチン・ハイデガーの存在論

先行きが不透明で混乱が続くこのような困難な時代において、私たちは何がもはや手に入らず、何が起こり、何が起こらない可能性があるかに留意しながら、多くの時間を過ごしています。このような理由から、新刊『スピーキング・ビーイング(話す存在)』(https://pr.report/sLcFoJ6j)はかつてないほど重要な意味を持っています。『スピーキング・ビーイング(話す存在):ワーナー・エアハードとマル...続きを見る

2020年06月21日(日) 20:48:37

Lo and Behold、AQUAnite、FacebookLibra以来最もホットな暗号通貨のローンチ

フェイスブックは、2019年6月のリブラ・アソシエーション・ホワイトペーパーの最初のリリースで世界を震撼させました。ブロックチェーン上に構築されたグローバルデジタルリブラ支払いシステムに関する技術系大企業の野心的な計画は、2020年4月16日に発表されたように縮小されました。これは、ビットコインが2016年に世界を席巻して以来の、業界としての暗号通貨の過去の偉業です。ロフティは、縮小を行う前に、...続きを見る

2020年06月20日(土) 16:12:42

超高速高頻度取引は、外国為替市場の非効率性を改善するのに役立つのか?

外国為替市場は、トレーダー達が通貨をリアルタイムの価格で売買または両替できる世界規模に市場である。この市場は、各銀行、各企業、各国の中央銀行、ヘッジファンド、投資顧問会社、末端の両替業者、及び投資家達の参加によって成立している。この古くから存在する通貨の売買市場である外国為替市場は、一日あたりの取引総量が5兆米ドルもあり、そのため先物取引も含めた株式市場に比べても突出して規模が大きく、あらゆる金...続きを見る