‘業務報告’ カテゴリーのアーカイブ

2018年07月05日(木) 09:33:35

Trillium、JAFCOが率いるシリーズA2ラウンドで1100万ドルを資金調達

サイバーセキュリティ技術の世界的リーダーであり、車両および車両の安全なデータ管理を行うTrillium社は株式会社ジャフコが率いるシリーズA2ラウンドで1100万ドルを資金調達したと発表しました。このラウンドにおけるその他の投資家はAirbus Ventures (仏), Deutsche Bahn Digital Ventures(独), 東京センチュリー株式会社(日), 三菱UFJキャピタル...続きを見る

2018年07月03日(火) 14:52:35

DHLサプライチェーン、日本と韓国における事業成長の継続に向けヨンファ(アルフレッド)・ゴーをCEOに任命

コントラクトロジスティクス業界のグローバルリーダーであるDHLは、同グループのサプライチェーン部門を担う日本法人、DHLサプライチェーン株式会社(略称:DHLサプライチェーン 本社:東京都品川区)の代表取締役社長に、ヨンファ(アルフレッド)・ゴーを任命することを発表しました。ゴーは、東京を拠点とし、DHLサプライチェーン アジア太平洋地域CEOのテリー ライアンの下、アジア太平洋地域取締役会の一...続きを見る

2018年07月03日(火) 09:42:26

BriteBancの発表に伴い、ライセンス認可された暗号通貨バンキングが開始

BriteBanc、ライセンス認可済み小売金融機関が、暗号通貨の受け入れを開始する。BriteBancにより、最先端の技術・セキュリティ・世界規模でのスピード取引等、暗号通貨がここ数年数年売りとしてきた利点と、普通預金口座・CD融資・投資等、従来の銀行の利点が融合させられる事となる。暗号通貨とフィアット両方の国際送金、信頼度の高いデビットカードサービス、その他通常の銀行サービスに加え利息の発生等...続きを見る

2018年07月02日(月) 15:22:48

日本初のFinTech拠点「FINOLAB」、スタートアップ会員向け業務支援サービスを刷新

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井節生)は、三菱地所株式会社および株式会社電通と協業で運営している日本初のFinTech拠点「THE FINTECH CENTER of TOKYO, FINOLAB」(以下、FINOLAB)において、スタートアップ会員向けに提供している業務支援サービスを刷新することをお知らせします。新サービスは、スタートアップにニーズが高い財務...続きを見る

2018年07月02日(月) 11:57:09

【Cisco Webex 導入事例】 株式会社プライムアシスタンス、クラウド型テレビ会議サービス導入で社内外共にスムーズな接続を実現

 VTVジャパン株式会社(代表取締役:栢野 正典 本社:東京都千代田区)は、SOMPOホールディングスの戦略事業会社としてアシスタント事業を主軸に展開する、株式会社プライムアシスタンス(代表取締役社長 德岡 宏行 所在地:東京都中野区)へ、Cisco社のテレビ会議ソリューションを販売し、導入事例を本日公開しました。 ◆事例詳細https://www.vtv.co.jp/casestudy/lis...続きを見る

2018年07月02日(月) 10:13:07

SONM、マーケットプレイスを提供するフォグ・コンピューティング・プラットフォームの開始

オープンソース分散システムとブロックチェーンベースのマーケットプレイスであるSONMは、フォグ・コンピューティング・プラットフォームのリリースを発表した。 SONMを使用すると、個人のデバイスを1つのプラットフォームに接続し、消費者とサプライヤが特定のコンピューティング・タスクに必要なコンピューティング・パワーを購入・レンタルできる分散型マーケットプレイスを作ることができる。SONMマーケットプ...続きを見る

2018年06月28日(木) 12:30:16

ISID、山陰合同銀行のデジタルチャネルを活用した顧客接点改革の取り組みを支援

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井節生、以下ISID)は、株式会社山陰合同銀行(本店:島根県松江市、頭取:石丸文男)のデジタルチャネルを活用した顧客接点改革の取り組みに向け、コンサルティングサービスならびにマーケティングプラットフォーム「Salesforce Marketing Cloud(セールスフォースマーケティングクラウド)」の導入支援サービスを提供したこ...続きを見る

2018年06月27日(水) 19:08:57

ISID、動画から人の動作や姿勢を抽出するソリューション「Act Sense」の提供を開始

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井節生、以下ISID)は、動画に映る人の特定の動作や姿勢を抽出するソリューション「Act Sense(アクトセンス)」の提供を本日より開始します。Act Senseは、米国カーネギーメロン大学(CMU)が開発した、人体の姿勢の特徴点をディープラーニングを用いて検知する技術「OpenPose」を映像解析のエンジンとして利用しています...続きを見る

2018年06月27日(水) 08:24:11

ブロックチェーンとAIでヘルスケアを改革―Doctor Smart(ドクタースマート)が5千万ドルのトークンセールを発表

新しいデジタル医療サービスブロックチェーンエコシステムDoctor Smartが、今日ICOを発表して、DSTTトークンを発売します。主なトークンセールは2018年第3四半期から開始します。Grand View Researchによると、インターネット医療サービスは2022年に3080億ドル規模に達するそうです。市場の改革と、メディカルとヘルスケアのサービス向上を目標として(と同時に、更なる減額...続きを見る