‘業界動向’ カテゴリーのアーカイブ

2020年08月27日(木) 19:22:06

[強制改宗被害者・要請文]成人男性が睡眠薬を飲まされ、拉致、強制改宗…母は一人でデモ

「強制改宗」というなじみの薄い単語が韓国で社会問題化したのは、2008年チン・ヨンシク牧師が改宗を目的にチョン・ベクヒャン氏を精神病院に監禁した事件からだ。当時、韓国キリスト教総連合会(韓基総)所属で異端相談所長を受け持っていたチン牧師は、いわゆる「異端」と規定されたところの信者を対象に強制改宗を進め、以後強制改宗事例が表面化している。宗教の自由が認められる大韓民国で、強制改宗はまだ堂々と起きて...続きを見る

2020年08月27日(木) 19:17:44

[強制改宗被害者要請文]“強制改宗失敗ですぐに離婚させた牧師…子供にも会うことができず”

プロテスタント信仰を共にして、穏やかな家庭を築いていた夫婦がいた。二人のうち、妻が違う宗教を信仰するようになった。新たな宗教でさらに大きい喜びを感じた妻は夫に勧めたが、プロテスタント既成教会に作られた「異端フレーム」が強かった夫は、妻の勧めを拒否した。更に、夫は拒否で終わらなかった。夫は自分に異端フレームを教えた牧師と力を合わせて、妻を強制改宗させるためにあらゆる試みを始める。それでも、妻が改宗...続きを見る

2020年08月27日(木) 19:17:34

[強制改宗被害当事者・家族要請文-32]“愛する私たちの家族が他人よりも恨みのある相手となった理由は…”

新天地が「異端」であるとして、既成教会の牧師からあらゆる非難と誹謗を繰り返し聞く家族には、新天地に対する嫌悪と憎しみが積もることになる。家族のうち、誰かが新天地と関連があるという話を聞くと、残りの家族が衝撃を受ける理由だ。家族を愛する心が大きいほど、より一層、異端から抜け出させなければならないという執着も強くなる。たとえ、騙してでも。ところが、残るものは傷と不信だった。キム・ジュヨン(仮名、ソウ...続きを見る

2020年08月27日(木) 19:07:50

【国際ニュース:新型コロナは人災か?】政府対応が矛盾した理由

伝染病は人を差別しない。宗教、人種、性別、国境を越えて誰でも感染しうる。だから差別なく原則的に迅速に対応しなければならない。ところが、この当然の原則が韓国では適用されないようだ。伝染病より恐ろしい災いは傲慢だ。指導者が傲慢であった米国と欧州が新型コロナの危険国となった事がこれを傍証する。韓国では今年はじめの新天地教会での集団感染以後、新型コロナに対する国民の警戒心の高まりと医療体系の整備により感...続きを見る

2020年08月21日(金) 17:44:21

ハイブランドシュプリーム 夏立体子供大人マスクルイヴィトンDior綿布マスク洗える

3D立体マスク 接触冷感夏立体子供マスク韓国アイドル芸能人愛用おしゃれ 男女兼用 ウレタンマスク花粉 かぜ ウイルス 清潔 快適マスク夏専用 送料無料 在庫ありマスク シュプリームhttp://www.biumasks.com/brand-supreme-masks洗って繰り返し使えるエコマスク。中央上部にワイヤーを入れる事により、よりフィット感が増したモデルの新色です。立体的なフォルムで通気性...続きを見る

2020年08月11日(火) 11:24:56

「ファクトリエ」がつくる工場ブランドの製品はなぜコロナ禍でも売れ続けるのか? 「SUPER CEO」表紙インタビューNo.45公開

■ SUPER CEO 表紙インタビュー:ライフスタイルアクセント株式会社 代表取締役・山田敏夫https://superceo.jp/sp/tokusyu/manga/100755 「世界に誇れるメイド・イン・ジャパンの一流ブランドを生み出したい」。そんな思いから、2012年にファクトリーブランド「ファクトリエ」を旗揚げし、優れた技術を持った日本国内の工場を一軒一軒開拓。現在、多くの工場と共同...続きを見る

2020年08月05日(水) 10:50:24

大崎コンピュータエンヂニアリング、Veeamを導入し全社統合バックアップシステムを構築

ITインフラのソリューション・ディストリビューターである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、株式会社大崎コンピュータエンヂニアリング(本社:東京都品川区、代表取締役社長 武田 健三)のバックアップシステム再構築プロジェクトにおいて、ネットワールドが提供するVeeam Software社のバックアップツール「Veeam Backup & Repl...続きを見る

2020年06月16日(火) 18:28:39

長野県南牧村 Jアラート/防災行政無線をスマートフォンへ自動転送放送

 SKY-NETWORK株式会社(静岡市)と長野県南牧村が5月15日、令和2年度地域防災コミュニケーションネットワーク構築事業の契約を締結した。県内では3自治体目の導入となる。 当事業は、南牧村から流れるJアラートや防災行政無線放送を瞬時に住民や南牧村にゆかりのある人のスマートフォンに自動転送しリアルタイムで放送を視聴できるシステム。導入システムはSKY-NETWORKが提供する「地域防災コミュ...続きを見る

2020年06月16日(火) 08:10:42

避難所の「3密」と受入時の混乱を事前に回避-避難所から収容状況をスマホへ実況放送

 新型コロナウイルス感染症拡大が終息しないまま豪雨・台風シーズンを迎えた。全国の市町村では、感染症と自然災害の「複合災害」に備え避難所の「3密」回避に向けた対策と準備が進められているが、人数制限に伴う避難所の新設分散化や避難方法の多様化に対応した住民への情報伝達のあり方に見直しを迫られそうだ。例えば、「深夜に豪雨のなか避難所に行ったところ収容人数オーバーで別の避難所を勧められた」と云ったことが起...続きを見る