Modex、スマートコントラクト・マーケットプレイスを発表、ブロックチェーン導入における「ラストワンマイル」問題へ取り組み

2018年03月21日(水) 17:15:50

Modexはこのたび初めて完全に機能するマーケットプレイスのアルファ版を発表し、世界初となるブロックチェーン向けアプリストアを開設します。

Modexはこのたび初めて完全に機能するマーケットプレイスのアルファ版を発表し、世界初となるブロックチェーン向けアプリストアを開設します。Modexが提供するスマートコントラクト・マーケットプレイスは、マルチプロトコルのスマートコントラクトへのアクセスを容易にすることで、ブロックチェーン技術導入における「ラストワンマイル」問題に取り組み、この技術を誰でも日常的に利用できるようにすることを目指しています。

本マーケットプレイスは、開発者が自らのスキルを披露し、買い手や他の開発者にスマートコントラクトソリューションを販売するための場を提供します。実世界のコミュニティは、個別プロジェクトに対して、開発者を探し回ったり、単発の開発プロジェクトを管理したりする必要なく、実世界のニーズに即したスマートコントラクトを簡単に見つけられます。また、開発者は実績に基づき名声とパイプラインを確立し、スマートコントラクトの現在進行中の販売に対して、クライアントを獲得し、反復的な収益を得ることができます。

ModexのCEO、Mihai Ivascuは次のように説明します。「Modexは単にスマートコントラクト・マーケットプレイスにとどまりません。これは、ブロックチェーン開発者がより簡単に、よりシームレスな方法で、スマートコントラクトとプライベートブロックチェーンの両方を作成、展開、管理、監視できるよう設計されたツール群です。」

「この開発者ツールに加えて、本プラットフォームは、開発者と企業が複数の異なるプライベートブロックチェーンを簡単に展開できる、改良されたブロックチェーンツールを提供します。その目的は、ブロックチェーンの運営・展開をシンプルなウェブアプリの構築と同じくらい簡単にするためです。」とIvascuは付け加えます。

Modexのプラットフォームは、複数のサードパーティ製アプリケーションやウェブプラットフォームにプラグインして、スマートコントラクトを展開するための中央ハブとして機能するよう設計されており、消費者の技術採用、企業のコスト削減、開発者ツール、コミュニティの信頼と関与、IP保護、開発者の収益機会といった大きなメリットをすべて、同社が構築したスマートコントラクトのエコシステムに組み込んでいます。Modexは創造性やイノベーションを促進し、開発者の取り組みを奨励することを目的としています。

当初、Modexプラットフォームはイーサリアムに基づくスマートコントラクトを中心に展開しますが、近くWaves、Coco、Komodo、Arkなどスマートコントラクト機能を持つさまざまなプロトコルにも対応していきます。Modexは、ブロックチェーン向けアプリストアとなり、世界でブロックチェーン技術の普及を加速するための企業と開発者を結ぶ架け橋となっています。

Modexのマルチプロトコル対応スマートコントラクト・マーケットプレイスは、今年3月末に実施される待望のICOを直前に控えたタイミングで発表されます。

報道関係者からのお問い合わせ
Mihaela Becheru
Modex広報責任者
E-mail: mihaela@modex.tech
電話: +40766.350.466

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林