ブロックチェーンとAIでヘルスケアを改革―Doctor Smart(ドクタースマート)が5千万ドルのトークンセールを発表

2018年06月27日(水) 08:24:11

新しいデジタル医療サービスブロックチェーンエコシステムDoctor Smartが、今日ICOを発表して、DSTTトークンを発売します。

新しいデジタル医療サービスブロックチェーンエコシステムDoctor Smartが、今日ICOを発表して、DSTTトークンを発売します。主なトークンセールは2018年第3四半期から開始します。Grand View Researchによると、インターネット医療サービスは2022年に3080億ドル規模に達するそうです。市場の改革と、メディカルとヘルスケアのサービス向上を目標として(と同時に、更なる減額ともっと簡単なアクセスを狙う)、Doctor Smartはデジタル医療のためのブロックチェーンベースグローバルエコシステムを構築しています。

Doctor Smart共同創設者Pavel Roytbergが言っています:「我々の目標は、メディカルサポート効率の新しいスタンダードを実現することと、人々の生活を大きく向上させることです。Doctor Smartは24時間いつでもネット、或いはスマホアプリでお客さま個々に応じたアドバイスを提供します。その他、我々は患者の個人情報と取引記録を保護するために、新しいプラットホームにブロックチェーンとスマートコントラクトを導入しました。」

Doctor SmartのプライベートブロックチェーンはQuorum(世界有数のブロックチェーンとスマートコントラクトプラットホームであり、JP Morgan Chaseからスピンオフしたプロジェクトでもある)に基づいています。それに対して、Ethereum(イーサリアム)のパブリックブロックチェーンは、プロジェクトトークンセールにあたってエコシステムに参加する可能性がある人にできるだけ広く分配する、とプライベートブロックチェーンの不変性を確保するために使われます。

重要な特徴として、このプラットホームは、医者の意見が患者の病歴に適切なのかどうかを自動的に確認することです。このプラットホームを利用する医療専門家は、Decision Support System(意思決定支援システム、DSS)のAIコアに基づいた自動化テストを受け、詳細な学歴を提供することが必要です。

「我々は遠隔医療業界に現実社会の機会を提供して、遠隔医療の潮流に乗っています。我々はDoctor Smartのユニークなプラットホームが業界を改革できると信じています。」と、Roytbergが語っています。

Doctor Smartのチームは、医療、ヘルスケア、ITプロジェクトマネジメント分野の経験が豊富な人材で構成されています。さらに、ヘルスケアのネットワークを広げるためにDoctor SmartはMed.meを買収しました。Med.meは、EHR (Electronic Health Record 電子カルテ)共有と診察予約スケージュル管理を通じて、医者、患者、クリニック、医療組織をつなぐイスラエルのブロックチェーンプロジェクトです。

Doctor Smartのトークンセールは、2018年第3四半期に行われる予定で、ハードキャップの調達目標が5千万ドルです。BTC、ETH、BCH、LTC、DASH、ZECでトークン購入が可能です。このステージでは、相場は1,000 DSTT= 1 ETH。最低購入額は0.1ETH。

購入は早ければ早いほどボーナスが高くてお得です。500 ETH以上購入する場合には、ボーナスは個別相談になります。

Doctor Smartについて
Doctor Smartのミッションは、患者に世界中の高品質の医療専門家にアクセスさせ、医療サービスと患者の生活向上を図ることです。Doctor Smartプラットホームは人工知能(AI)とブロックチェーン技術でメディカルデータを処理して取引の安全を保護します。ヘルステック、ブロックチェーン、AI分野の豊富な経験を持つDoctor Smartチームは遠隔医療業界の改革を目標として、 プライバシ保護が行き届いた安全な一般大衆向けのメディカルプラットホームを構築しています。

マスコミの問い合わせ
Across Asia Communication Limited
Damon Kwok
電話番号:+852 3111 5182
メール:damon.kwok@acrossasia.hk

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林