ISID、動画から人の動作や姿勢を抽出するソリューション「Act Sense」の提供を開始

2018年06月27日(水) 19:08:57

株式会社電通国際情報サービスは、動画に映る人の特定の動作や姿勢を抽出するソリューション「Act Sense(アクトセンス)」の提供を本日より開始します。

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井節生、以下ISID)は、動画に映る人の特定の動作や姿勢を抽出するソリューション「Act Sense(アクトセンス)」の提供を本日より開始します。Act Senseは、米国カーネギーメロン大学(CMU)が開発した、人体の姿勢の特徴点をディープラーニングを用いて検知する技術「OpenPose」を映像解析のエンジンとして利用しています。

■Act Senseの概要■
昨今、コンピューター・ビジョンの技術進展に伴い、映像の意味を解析し、生産性の向上や業務効率の改善に活用するニーズが顕在化しています。Act Senseは、CMUの姿勢検知技術OpenPoseで取得した人の姿勢情報に、自社開発のアルゴリズムを組み合わせ、特定の動作、行為、姿勢を検出します。例えば、作業者を撮影した動画から、特定の行動がいつ発生したか、作業者の姿勢に無理が生じていないかなどを抽出することが可能であり、工場、都市、オフィス、店舗、車、ヘルスケア等の幅広い産業やシーンで活用されることを想定しています※。

■OpenPoseについて■
Act Senseでは、画像解析エンジンとしてOpenPoseを採用しました。OpenPoseは、ごく一般的な単眼カメラで撮影した映像から人体の姿勢を検出します。そのため、すでに撮影済みの動画にも適用することが可能であり、これまでの姿勢検出技術が、対象者の身体に複数のマーカを装着して特別に撮影したデータが必要であったのに比べ、利便性が大幅に高まっています。加えて、複数人の姿勢を同時に検知できること、検知がほぼリアルタイムで精度も高いといった優位性があり、数々の世界コンペティションでトップクラスの成績を残している最先端の技術です。
OpenPoseの公式ホームページ: https://github.com/CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose

※CMUとのライセンス契約上の制約により、Act Senseはスポーツ競技の動作解析に適用することはできません。

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス 2020テクノロジー&ビジネス開発室 飯田、戸田、藤木
E-Mail: g-cv-info@group.isid.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス コーポレートコミュニケーション室 籾木
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp

<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名:株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者:代表取締役社長 釜井節生
本社:東京都港区港南2-17-1
URL: https://www.isid.co.jp/
設立:1975年
資本金:81億8,050万円
連結従業員:2,716名(2017年12月末現在)
連結売上高:83,423百万円(2017年12月期)
事業内容:ISIDは、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションを、確かな技術力と創造力で支えるテクノロジー企業です。金融業務や製品開発の領域で創業以来培ってきた知見に加え、人事・会計など企業活動の根幹を支えるシステム構築の実績、電通グループのマーケティングノウハウ、そしてIoTやロボティクス、AIなど先端技術の社会実装に向けたオープンイノベーションへの取り組みにより、社会と企業の課題解決に貢献する、価値あるソリューションを生み出し続けています。

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林