BriteBancの発表に伴い、ライセンス認可された暗号通貨バンキングが開始

2018年07月03日(火) 09:42:26

BriteBanc、ライセンス認可済み小売金融機関が、暗号通貨の受け入れを開始する。

BriteBanc、ライセンス認可済み小売金融機関が、暗号通貨の受け入れを開始する。BriteBancにより、最先端の技術・セキュリティ・世界規模でのスピード取引等、暗号通貨がここ数年数年売りとしてきた利点と、普通預金口座・CD融資・投資等、従来の銀行の利点が融合させられる事となる。暗号通貨とフィアット両方の国際送金、信頼度の高いデビットカードサービス、その他通常の銀行サービスに加え利息の発生等、包括的なサービスを展開する。

ファイナンステクノロジー企業の視点から、BriteBancはこのサービスが金融界のニーズに対し非常にユニークな運用経験をもたらすと考えている。過去数年ビットコインや類似ネット通貨、その他アプリの普及によりブロックチェーン技術が爆発的な成長を見せているが、金融界はこれまでブロックチェーン技術の採用に抵抗を示していた。分散された通貨と特殊な支払構造が金融業界にとって非常に脅威的である事は想像に難しくない。

BriteBancは2億2000万米ドル分の暗号通貨 “CapCoin” の初期コイン提供を始めており、 2018年の第4四半期には完了する見込みだ。CapCoinsの背後にある技術により、セキュリティ問題・不安定さ・売り手容認・預金利子に関する問題等、過去に暗号通貨市場を悩ませてきた数々の障害が解決される。

BriteBancは、従来の小売金融機能とブロックチェーンインフラストラクチャそれぞれの利点を融合させる事で、地方分権、自律型トランザクション、スマート契約を実現し、暗号通貨を主流に押し上げる事が狙いだ。BriteBancは暗号通貨保有者が、より身近な銀行機能を利用できるようにする予定だ。例として、当座預金口座、有利子の普通預金、譲渡性預金などの解禁を目標とする。だが、4月までに9.9%までの金利を提供する事により、技術の利点を共有する暗号通貨コミュニティの哲学によって、より金融市場の資金へ容易にアクセスする事が可能となった。BriteBanc は、15 の異なる暗号通貨に対し有利子アカウントを提供するに加え、これら15の暗号通貨とリンクし商品やサービスの支払いに使用可能なデビットカードのオプションを提供する。したがって、BriteBancはCapCoinだけに留まらず、その他暗号通貨の市場における流動性と利便性を提供する形だ。

BriteBancは、小売りの消費者と企業の双方のニーズをサポートするための地位を目指してる。小売り業の消費者はビットコインやaltコインの購入時のKYC遅延やクレジットカードの承認による遅れが無い取引を望んでいる。一方企業側は、アンチ暗号通貨を掲げているであろう既存金融機関とトラブルを起こす事なく、より大きな金額での取引が可能になる事を望むだろう。 

BriteBancは、インフラの強化を進める事でこれら両方の顧客をサポートする予定だ。この市場でこれらの機能を強化するには要所との関係と資本が必要とされる。もし実現されれば、より多くの所有者、改善されたサポート、そしてより大規模な取引が行われるようになる事が予想されるであろう。BriteBancは、強化されたセキュリティ、使いやすさ、そしてスマートウォレットから提供されるデータを活用し口座セキュリティを強化するプロトコルを開発している。分散に分散を重ねたブロックチェーンで動作しているが、新しい一連のプログラムは顧客を保護し、更にはネットワーク/経済全体を守る自主規制の重要な一歩となっている。暗号通貨購入へのハードルが排除される。合理化されたKYCの検証結果は、個々の消費者が所有するトークンという形でブロックチェーン上に保管されます。このシステムにより、KYC/AML検証が提供され、共有トークンを保有する業界内におけるスタンダードを作り上げる事となるだろう。

BriteBancは更に販売人決済サービスの保証値ポイントも開発しており、高額商品のベンダーは暗号通貨市場の安定性について懸念する事なく直接製品を販売する事が可能になる。同様に、暗号通貨の高額売買取引において、保証値条件付け捺印証書サービスを提供する事でより容易に取引を進める事が可能となる。これらのシステムによって、暗号通貨がより主流に押し上げられ、より広いサービスに組み込まれる事が見込まれる。

BriteBancLTDはライセンス認可済みの国際リテール銀行であり、そして暗号通貨コミュニティーの中心に位置する企業だ。そして、暗号通貨保有者をターゲットにした数々のユニークな金融サービスと、金融業界に焦点を当てた数々のブロックチェーン強化によって、この業界におけるメジャープレイヤーとなる事が期待される。

BriteBancは実際の金融機関であるため、中央権限を無くしブロックチェーンのギャップを橋渡しできる事を強く望んでいる。独自のスマートウォレット技術、ブロックチェーンKYCソリューションズ、専門的なスマート契約、そしてCapCoinトークン等の強みを併せ、BriteBancは暗号通貨と運用システムを用いたリテールバンキングを提供する。

ブロックチェーンに「ファイナンステクノロジー銀行」の機能をもたらすことが可能になるが、より成長するにはトークン所有者の質を高めていく必要がある。所有者にポートフォリオの管理を推奨する。また、スマートウォレットを使用する事でトークンオーナーに配当金を配る事も可能になるだろう。

暗号通貨業界への参加は、投機および取引のためのトークンの所有権の範囲に留まらない。現在、トークンの機能についての選択肢は、資金配分、配当金、または少数の名義での利息の支払いなど、追加の所有権を利用できる事が特徴だ。この機能は、投機によって駆動される価値の認識だけでなく、トークンに固有の価値を組み込むことによってボラティリティを低減する事になる。

詳細についてはこちらのリンクを参照してください http://www.britebanc.io

BriteBanc について:
BriteBancはライセンスを取得した海外リテール金融機関であり、預金、利息、およびローン商品として通常の銀行サービスを提供する態勢を整えている。BriteBancは、世界中の暗号コミュニティに対応し、包括的なオンラインリテール銀行として、暗号通貨・一般通貨問わず国際的な取引を提供。クレジットカードやデビットカードサービス等、その他の一般銀行的な機能を持ち、更に金額に対し利子も発生する。BriteBancでは、市場リスクをヘッジせずに暗号通貨の売買をを受け入れるプログラムに加え、ユニークなデビットカードシステムも提供している。

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林