Bitmexと麦迪森の連携、最大の仮想通貨上場交易所が来たのか?

2018年12月12日(水) 17:16:00

近日、香港証券交易所の上場会社である麦迪森は二つの公告を発表した、仮想通貨産業に規模が一位になっているBITMEX交易所は、その背後に潜んでいる姿が明らかに見えてきた。

近日、香港証券交易所の上場会社である麦迪森は二つの公告を発表した、仮想通貨産業に規模が一位になっているBITMEX交易所は、その背後に潜んでいる姿が明らかに見えてきた。

12月9日より麦迪森の発表した公告の内容は買収協議であることによって、11月20日のニュースを裏付けた。支社のMadison Lab Limitedは日本の仮想通貨交易プラットフォームであるBitoceanの株を67.2%買収することから、当日の株価を40%も上げさせた。そのうち、ある文章が‘麦迪森の頻繁的な買収はほとんど株価を上げた上で台無しになる’と指摘した。参照できるのは、年初日本のもうひとつの仮想通貨交易プラットフォームBITPointの株20%を高価で買収すると発表した何ヶ月後、またその取引を取り消した。

この取引を中止するのはBITPointの運営能力に対する判断が不楽観的だとしたら、その半年後、仮想通貨交易市場は不況であるママ、どうしてBITPointより弱るMadison Lab Limitedを高価で買収するのか?

12月11日、麦迪森は潜在した事項を販売すると宣言された、MadisonLabLimitedの51%株権をHDRCadenza ManagementLimited(HDR)に売り出して、その中もBitocean6の7.2%株式で51%の権益を含む。業界の人はHDRの株権構造が全く同じだと発見して、BITMEXは自身資産の運営を行うことができない、明らかにHDRはその法律の実体である。

BITMEX仮想貨幣取引の領域は何百億時価の巨頭であり、毎日に少なくとも20億ドル以上の取引量はずっとその他の取引所を圧倒している。BITMEXはデータ真実性、ブランド競争能力が取引所の中で一段を独占して、弱気市場の動揺市況は更に多くの投資家にBITMEXで先物取引を行うように引きつけて、その営業収入能力は貨幣価格の下落影響を受けない。

しかしBitocean自身ブランドと潜在力が大きくなく、出資双方はこのために払ったのが許可証コストである。BITMEXが先に自分の成熟製品を日本市場に進出すると予想して、更に大きな可能性は徐々に主体と大部分の取引量を日本の規則に合う許可証の保護に移る。BITMEXの取引は主にビット貨幣の先物を行って、日本の管理監督はメリットがあり、デメリットが泣く、更に前で宣伝を広める事ができて、Bitoceaというブランドは世界で最大の仮定貨幣に規則に合う取引プラットフォームになる。

別の意味は資本方面から生じた、市場は絶えずに完善するにも関わらず、しかし資産管理会社、養老基金と投資銀行などの機関がまた入場していないビットの貨幣取引の重要な原因は管理監督が明確でない、取引所は頻繁なセキュリティホールを心配している。BITMEX先物取引の安全と専門の属性、その上に許可証のサポートを加えて、例え現在の取引構造によって、麦迪森も機関投資のBITMEXの重要な入口になる。

麦迪森は今回の買収中で何の理由もないの「局面作成者」ではない、ハイエンドのワインで取引から起業しているが、しかしそれは2017年にCVPCapitalLimitedとCVPAsset ManagementLimitedを買収されて、香港の1、4、6、9の金融許可証を含めた。18年にまた科学技術会社DiginexHigh Performance ComputingLimitedを買収した、この会社は計算能力の蓄積に集中して、ただブロックチェ-ンを配置するだけではなく、その上にその先進的な計算出力能力は5G時代で更に広大な想像空間を持っている。その他に麦迪森はまたオックスフォード大学筆頭のTheBlockhouse TechnologyLimitedと一緒にブロックチェ-ン商業化顧問会社を作って、その上に金融へモデルチェンジして、重点的にブロックチェ-ンを配置するのが否定できない事実である。

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林