香港のTHE OLD MANがアジアの50ベストバー2019リストで1位を獲得

2019年05月09日(木) 23:56:07

アジアの50ベストバー2019のリストが2年続けてシンガポールのキャピトルシアターで発表されました。

シンガポール, 2019年5月9日 – (Media OutReach) – アジアの50ベストバー2019のリストが2年続けてシンガポールのキャピトルシアターで発表されました。年間ランキングの第4弾では、12の新たなエントリーを特徴としており、香港のThe Old Manが1位を確定させ、またPerrierスポンサーのアジア2019でのベストバー、またPerrierスポンサーの中国ベストバーとなりました。

2位のManhattanが再び、Michter’sスポンサーのシンガポールのベストバーとなり、このリストの歴代で一貫して優秀賞を受賞したバーのタイトルであるMichter’sスポンサーのリスト賞レジェンドも獲得しました。

3位はIndulge Experimental Bistroとなり、The London Essence Companyスポンサーの台湾ベストバーとなりました。シンガポールは、Native (4位上昇し、4位)とAtlas (5位)が次の2つの順位を獲得しています。

アジアの50ベストバーの今年のエディションでは、50のベスト組織とシンガポール政府観光局間の3年の提携関係をスタートさせました。また、このコラボレーションにより、世界の50のベストレストラン賞や世界の50のベストバー賞が2019年と2021年のそれぞれ、シンガポールでアジアデビューとなります。

各国/地域の賞

中国
The Old Manを1位となったことに併せ、中国では香港のエスタブリッシュメントであるQuinary (5位上昇し、10位)、新規リスト登場のThe Wise King (18位)、 The Pontiac (32位)、Lobster Bar & Grill (33位)、Stockton (36位)、そして8 1/2 Otto e Mezzo Bombana (38位)を含め、さら11のバーがリストに入りました。Coa (12位)は、Seedlip.スポンサーの最高のニューエントリー賞を受賞しています。

広州を本拠地とするHope & Sesameは35位でデビューとなりましたが、上海の代表は、Speak Low (7位)、Sober Company (16位)そしてUnion Trading Company (30位)となっています。

シンガポール
33位上昇し9位となったJigger & Ponyは、Mr Blackスポンサーの最高クライマー賞を獲得しています。また、シンガポールでランク入りしているのが、Tippling Club (11位)、Gibson (7位上昇で15位)、28 HongKong Street (21位)、Operation Dagger (22位)、D.Bespoke (7位上昇で25位)、Employees Only (41位)、そしてThe Other Room (4位上昇で46位)です。

タイ
The Bamboo Barは1つ上位の8位となり、Four Pillarsスポンサーのタイのベストバーになりました。また、タイの代表は、Backstage Cocktail Bar (20位)、Vesper (1上昇し、26位)、新規リスト登場のTropic City (31位)、Rabbit Hole (34位)、Smalls (42位)、そしてTeens of Thailand (48位)です。

日本
High Five (6位)は、ニッカウヰスキーのスポンサーで日本のベストバーに再度なりました。 他の受賞したバーは、The SG Club (新規エントリーで13位)、バー ベンフィディック (3位上昇し、17位)、Bar Trench (23位)、Bar Orchard Ginza (9位上昇し、28位)、そしてMixology Salon (49位)です。

後閑信吾氏はバー業界への影響と貢献に対して、アジアの50ベストバー2019のバーテンダーからAltos Bartendersのバーテンダー賞の受賞者に選出されました。

台湾
3位のIndulge Experimental Bistroに加え、今回のリストでは、Aha Saloon (24位)、Bar Mood (43位)およびDraft Land (45位)の台湾から3つの新規ランクインを迎えました。

マレーシア
19位から27位へ上昇したColeyは、Peroniスポンサーのマレーシアのベストバーのタイトルと獲得しており、初めてエントリーしたBar Trigona (40位)は、Ketel One持続可能なバー賞を受賞しており、この賞は監査パートナーのFood Made Good Globalにより判断される最高の持続可能性レーティングを達成しているバーにスポットライトを当てるものです。また、Junglebirdは今年、44位になっています。

韓国、フィリピン、そしてインドネシア
7位上昇し、14位のCharles Hは、Cointreauスポンサーの韓国のベストバーです。リストに入った他のソウルにあるバーは、Le Chamber (19位)とAlice Cheongdam (29位)です。

37位に入ったThe Curatorは、フィリピンのベストバーです。また、マニラからは2つの新規エントリーがあります:Oto (47位)とThe Back Room (50位)。

Union Brasserie、Bakery & Barは、インドネシアでのベストバーであり、2位上昇し、39位になりました。

特別賞
韓国のPussyfoot Saloonは、将来エリートリストに入る可能性がある人気急上昇のバーに与えられる賞であるCampari One To Watch(注目のカンパリ)の今年の受賞者です。

アジアの50ベストバーのリストの取りまとめ方法
このリストは、アジアのバー業界で200以上の業界のリーダー的業者から構成される有力団体であるアジアの20ベストバーズアカデミーの投票で作成されます。投票のプロセスの詳細については、 www.worlds50bestbars.com/asia/voting.php にアクセスしてください。

アジアの50のベストバーについて
ストーリーは、世界の50ベストレストランのリストを立ち上げた2002年に始まり、その当時から、世界で最も重要な国際的食事ガイド、そして美食家に大きな影響力のある見解に成長しました。2009年に世界の50ベストバーのリストが作成され、2012年に年間受賞のセレモニーが始まりました。アジアの50ベストバーは2016年にポートフォリオに加えられました。50ベストブランドは、高級飲食の唯一の世界的なランキングを探し求め、体験するために世界中を旅行するバーテンダーやシェフ、カクテルファンや美食家を現在、支持しています。リスト以上に、50ベストは、主要トレンドを紹介し、今後登場する食べ物やドリンクの目的地を浮き彫りにします。50ベストは、ウィリアム・リード・ビジネス・メディア(William Reed Business Media)が所有しており、各賞の取りまとめ、投票システム、そして各リストのすべてを担当しています。

また、ツィッター、インスタグラム、ユーチューブでもフォローしてください:@50BestBars #Asias50BestBars / www.youtube.com/worlds50best

シンガポール政府観光局について
シンガポール政府観光局(STB)は、シンガポールの主要経済セクターの1つである観光を担当する主要開発機関です。STBは業界パートナーとコミュニティと共に、ダイナミックなシンガポールの観光業界を形成しています。STBは人々がパッションをシェアし、深めることができるよう、インスピレーションを与える、活気ある観光地としてシンガポールを差別化することにより、Passion Made Possible(情熱と可能性に出会う場所)というブランドに命を吹き込みます。詳細情報については、 www.stb.gov.sg 、または www.visitsingapore.com にアクセスするか、ツイッターで@STB_sgをフォローしてください。

Media Contacts:
Eunice Lew – 9488 9868 (eunice@foodnews.com.sg)
Shirleen Quek – 9382 1927 (shirleen@foodnews.com.sg)

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都港区南麻布
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林