花家部落による日本を解読する研修視察ツアーが無事に終了

2019年06月22日(土) 15:59:33

2019年6月7日から13日まで、花家部落はビジネス本質の探索、深くの研修、そして日本ビジネスを解読する考察活動を行った。

2019年6月7日から13日まで、花家部落はビジネス本質の探索、深くの研修、そして日本ビジネスを解読する考察活動を行った。この活動は花家部落の創始者であるアリスを団長とする視察団約200人が6月8日、日本の大阪に到着し、相次いで日本の大阪、京都を訪問し、日本から来た企業家の代表と友好的な交流を行った。ブランドの創始者であるアリスは活動が順調に開催するため、4日前に日本に着いてイベントの企画者と交流を重ね、各部門の活動計画を綿密に調整した。

花家部落視察団は1週間近く、日本の大阪、京都を転々とし、また有名な企業を見学し、海外の共有クラスを主催し、有名な観光地を訪問して日本の特色ある文化を体験した。多くの文化交流を行い、豊かな成果を挙げた。

有名な企業を考察し、職人精神を身につけた

日本島本微生物株式会社は、世界で1000年以上の発酵技術を持つ有名な微生物発酵研究開発会社であり、設立から64年間、微生物の発酵と研究开発に専念してきた。今回の見学で、日本島本代表は花家部落視察団への暖かい歓迎を表して、初期段階で島本微生物と花家部落の間の協力を十分に確信し、将来の協力にも完全な信頼を表明した。

見学を通じて、花家部落視察団は島本公司が主張しているコアコンセプトを学び:「真の農業 – 農業は国の基礎です」。同時にこの会社が固く守る厳格な科学的な研究精神を一層体得した。

大家の知恵に耳を傾け、哲思の悟りを得る

日本経済大学経営大学院長、日本長寿企業研究部門の第一人者である後藤俊夫さんが招待され、花家部落視察団の活動に臨み、「日本の長寿企業と職人精神—3代を超える富」というテーマを提出した。彼は、職人精神があるだけでなく、日本が昔から現代的な管理システムを持っていて、家業を継ぐ强い意志があるということは日本にこんなにたくさんの長寿企業が存在している重要な原因だと指摘した。

同日午後、京セラ株式会社部長が舞台に立ち、アミバの経営哲学について発表した。アメーバの経営哲学は日本「4人の聖人」の一つである稲盛和夫氏に設立されたもので、稲盛和夫の経営哲学体系に属する核心思想は「人間の心の管理である」。今回の分かち合いで、視察団一行はアメーバの経営哲学についての科学的な理念と具体的な実践方法を獲得した。

日本文化を体験し、エキゾチックを感じる

視察活動の数日中、主催側は日本文化を体験するイベントも手配した。視察団はまた、世界的に有名な日本のユニバーサルスタジオ、京都の清水寺、二年坂三年坂、花見小路、四天王寺などの名所を訪れ、日本の特色ある文化行事である茶道を体験した。日本の茶道は中国から始まって、「茶禅一味」を重んじる。つまりお茶を賞味する間、哲理を考えて、収穫を感得することである。

日本への旅行の間に、花家部落200名の中核役員が日本京セラ本社から授与されたアメーバ管理証明書を取得しただけでなく、同时に日本の経営に対して深い理解を得る。更に重要なのは自己改善とキャリア開発のためのより広い視点とより明確な計画を持っている。

今回の日本のビジネスの本質を探索する研修の旅を通じて、花家部落の中核役員は企業家の戦略的な思考でより広い世界を切り開くと信じている。

Media contact
Company Name: Huajiabuluo
Person: Weiqiang Xue
Website: http://www.fairyhouse.co/
Email: 519738515@qq.com

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林