今度の大阪でのG20サミットでは,日本,中国,アメリカが最も注目される国である

2019年06月28日(金) 17:10:45

大阪G20は、日本が初めてG20の主催側となり、政府と民間の間でとても重要視されている。

大阪G20は、日本が初めてG20の主催側となり、政府と民間の間でとても重要視されている。日本は、この会合がグローバルガバナンスの分野においてより大きな役割を果たし、WTO改革、デジタル経済および女性の雇用を含む世界的な問題が促進される事を願っている。

前回のG20閣僚会議で、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、IMFの推計によれば、最近の貿易摩擦により、2020年までに世界の国内総生産(GDP)レベルが0.5%減少し、その結果、約4,550億ドルの損失となると述べた。大阪でのG20首脳会議、いくつかの参加国と国際機関もまた、経済成長を引っ張っている世界貿易摩擦についての懸念を表明した。日本は団結を提唱し、G20とグローバル化のトレンドの「救世主」になる事を願っている。中国はまた、多国間主義をしっかりと支持し、世界経済を通常の発展軌道に戻すと述べた。 WTO改革などの重要な問題については、中国もこの会議に期待しており、劣勢挽回の効果があると考える。

G20は2008年の金融危機の文脈の中で生まれ、世界中の国々が大国の調整を促進し、グローバリゼーションの深化を促進するためのメカニズム革新である。重大な苦難を手前に、G20は様々な国の戦略的な疑いを解決し、経済危機が政治的危機に変わるのを防ぐ為、各国が一方的な貿易保護主義的措置をとる事を阻止した。G20の主な革新は、世界経済統治における発展途上国と先進国、米国と他の主要国の声を調整することです。これは世界的な経済統治の民主化に資するものであり、中国、日本および他の国々にグローバリゼーションの推進においてより大きな役割を果たすことに資するものである。

事実上、G20の誕生以来、中国と日本は確かにグローバル化への貢献者となった。日本はまた、グローバリゼーションに積極的に参加することで「失われた20年」から脱却し、世界の産業チェーンにおいてより重要な位置を占めている。中国は、ベルト・アンド・ロード、AIIB、BRICS諸国、輸入フェアのように、リアルマネーでグローバリゼーションを推進し、発展途上国の近代化を促進している。

中国と日本は、G20の当初の意図と使命を忘れておらず、両国共大阪サミットでG20のステアリングホイールを握ることを望んでいる。それでこのメカニズムは「アメリカの優先」とポピュリズムの嵐をうまく乗り越えることができる。

For more information, please contact:
China Beijing
Yu.Ji
media.yu@foxmail.com

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林