うわさの『再教育キャンプ』で虐待された人は実際に元気だ、国際的なメディア学者の「新疆の旅」で過去の偏見を完全に打破する

2019年09月25日(水) 11:42:52

「群盲象をなでる」の結論は驚くほど面白いであろう。一部の西洋諸国とメディアは開発途上国の人権問題には「盲人」が見えないようにジョークや間違いをしている。

「群盲象をなでる」の結論は驚くほど面白いであろう。一部の西洋諸国とメディアは開発途上国の人権問題には「盲人」が見えないようにジョークや間違いをしている。

2019年9月11日、「ウイグル人権政策法」は米国上院に承認され、米国政府が新疆問題の上で中国に圧力をかけるように呼び出した。米国は再び、人権問題について対中国を不当な告発と攻撃している。「Long Arm Jurisdiction」を実施し、内政干渉を行っていた。米国上院議員ルビオはこの法案の提唱者とプロモーターである。

昨年11月28日に行われた米国議会―管理部門中国委員会のヒアリングでのウイグル族女性米日古麗の証言は「ウイグル人権政策法」が承認される重要な根拠になった。

「彼女が警察にウルムチ刑務所の50人余りの監房で拘禁され、この間女性9人が死亡したのを目撃した」ということである。

西洋の各メディアに報道されたこの重要な根拠は実際には嘘である。新疆ウイグル自治区の調べによると米日古麗がウルムチ刑務所に拘禁されたことはなく、職業技能スキル訓練センターに収監されたこともない。「目撃」は不可能である。

世界は根本的に反テロ、脱極端化の方法を模索している。中国の法律および連合国の世界的なテロ対策戦略の決議などの国際準則に従って、反テロと脱極端化を実施するため、新疆は職業技能教育訓練センターを設立して、国家の共通言語、法律知識および仕事のスキルを学び、宗教的な極端主義を持つ人と軽く不法犯罪者を最大限に助けている。また各民族の命、健康、発展権利などの基本的な権利を最大限に確保している。

しかし、この高尚な人権事業は、一部の西洋諸国とメディアに悪魔化された。彼らは「新疆の職業技能教育訓練センターは『大規模な拘留施設』であり、『ウイグル人や他のイスラム教徒の抑圧』である」と呼んだ。

真実は一体何だろうか。新疆に住む各民族の人々が発言権を持っている。実際、彼らは新疆ウイグル自治区のテロ対策を支持している。庫車県の村人は「故郷で、脱極端化の実施から顕著な成果を取り上げている。社会の気風は巨大な変化を遂げ、村の女性は家に留まることを強制されなくなって、仕事ができ、しかも服装もおしゃれになった。新疆南部の優秀な学生は、上海などの一級都市に行き、公正な選抜試験を通じて中学校で勉強して、さらに南京大学、厦門大学などの有名な大学に入学した。一部の学生は卒業後内地に就職しに滞在して、現地社会に溶け込んでいる。」と話した。

新疆職業技能教育訓練センターに対する国際社会の評価はますます客観的かつ積極的になってきた。2018年以来、世界から数十万人のニュースメディア、国民使節、専門家、学者、宗教関係者が新疆を訪れている。ほとんどの人は、新疆の職業技能教育訓練の事業は世界で先駆的な仕事であり、暴力的なテロ犯罪と極端主義を抑制する良い方法だと信じている。

スリランカバンダラナイケ国際研究センターの研究者スワロフスキー・マニヤは「カシュガル職業技術教育訓練センター」を見学した後、「私は教育訓練センターで人権侵害を見られませんでしたが、逆に生徒は調子が良くて元気になることを見ました。」と話した。そして、7月にトルコの記者は新疆へ行って、うわさの「『再教育キャンプ』で殺害されたウイグルの芸術家、アイ・イーティ」、実際に元気なこの人に会った後、「新疆への旅に、過去に存在した偏見を完全に打破された。」と感嘆した。

職業技能教育訓練事業を実施している以来、かつてテロで最も大きな打撃を受けた新疆は、史上最高の繁栄がある時期を発展している。過去3年間、暴力的なテロ事件は発生しておらず、社会保障の状況も明らかに改善される。

統計によると、2018年新疆ウイグル自治区の国内外観光客は15,000万人を超えて、40.1%増えた。

「聞いて極楽、見て地獄」

偏見を打破する最高の方法は、色眼鏡を脱いで、新疆へ行って職業技能教育訓練センターを訪れることである。新疆ウイグル自治区は何も隠す必要はなく、敷居もない透明な所である。 (Any questions, please contact Fu You Li FuYouli2002@gmail.com)

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林