鄭州にて2019世界センサー技術創新フォーラム開催

2019年12月09日(月) 12:54:14

11月9日午前、世界センサー大会メインフォーラムー2019世界センサー技術創新フォーラムを開催しました。

11月9日午前、世界センサー大会メインフォーラムー2019世界センサー技術創新フォーラムを開催しました。テーマは「世界を感知、未来を勝ち」、政府関係者、専門家や企業責任者などを招い、思想理論を交流し、実践案件を共有し、センサー技術の新技術や未来の発展傾向、スマート化製造に関する技術装置の発展を推進しました。

全米技術アカデミー(NAE)、マッキンゼー・アンド・カンパニーコンサルタントの陳向力博士は「次世代のスマート化製造発展戦略やセンサー技術」をテーマとして発表した。センサー技術の成熟度はスマート化製造を実現するための重要な要素の一つであり、もっとも発展が早いスマート化製造アプリケーションはセンサー技術にさらに創新させる役割を果たす。陳向力博士の発表はスマート化製造、デジタル運用の現状、傾向などから、新センサー技術開発の挑戦と機会を語った。

イタリアミラン理科大学のAlfredo Giacomo Cigada教授は「センサー:すべての測量システムの元」をテーマとして発表した。測量は我々の日常生活に欠かせないことであり、いろんな分野の測量に適する新型センサーは開発している。複雑な測量システムにセンサーを導入するために、センサーのすべての部分はシステムを融合しなければならない。システムの構造や機能に影響を与えないようにセンサーを正確な稼働を実現するために、センサーが発生するあらゆる問題を評価しないといけない。それらについて、Alfredo Giacomo Cigada教授は詳しく解説した。

日本パナソニック センサーCTO 今井寿教氏は「工場の自動化発展において、センサーの技術革新や展望」をテーマとして発表した。5Gの商用や人口知能の発展に伴い、IoT市場の需要は爆発、中国を含め世界的にセンサーは自動化、無人化に素早く発展する傾向がある。今井寿教氏はパナソニックの市場拡大に伴い、センサーの進化や自動化の需要が変化していく中で、パナソニックはどう創新や発展していくか、また次世代のセンサー技術発展や傾向について語った。

ドイツISCK CTO Shane MacNamara氏は「工業4.0からセンサーへの影響」をテーマとして発表した。Shane MacNamara氏はセンサーのスマート化とセンサー技術創新の具体例を挙げ、工業4.0の実現方法を紹介した。センサーは一つの接触点であり、工業4.0と接する重要なスタートラインです。デジタル化の発展に伴い、センサーはただの“感知”ではなく、“考え”も始める。センサーから取り入れたデータから、専門の知識から分析や処理を行い、生産のプロセスなどを推測することも可能になる。

中国工程院院士の倪光南は「次世代の情報技術やセンサー」をテーマとして発表した。ネットワーク情報技術は現在世界的に脚光を浴びる分野です。各国は膨大な経費と時間をかかり、最新技術を競争している。ソフトウェアは次世代の情報技術発展の原動力として、オープンソースはソフトウェア界の進歩に促進できる。我が国はさらにオープンソースを発展させ、オープンチップの発展に迎えるべきだ。将来的には、RISC-Vは世界主流のCPUの一つになれると考えられ、CPU業界には、Intel、ARM、RISC-Vの三分天下になるでしょう。

IEEEセンサー委員会理事、レザーセンサー研究センター主任、Lewis Elfed教授は「現代腫瘤臨床治療において放射測量の光ファイバーセンサー」をテーマとして発表した。Lewis Elfed教授はPOFを用いたミクロ光ファイバX射線センサーの制度の改良を紹介した。当時、POF放射センサーは,ミリ秒単位の反応でリアルタイム測量できたが、この業界の最新の発展には、サブマイクロ秒単位の反応ができるシステムが開発された。

最後、CCID ソリューションCEOの孫会峰氏は中国(鄭州)スマートセンサー戦略を発表した。

今回のフォーラムの開催では、世界的なセンサー技術、産業や応用に促進ができ、政、産、学、研、用、金、媒など各分野を提携し、センサーの発展に促進し、学術の交流、産業の推進や商品展示を促進した。河南省鄭州市のセンサー産業に対して、情報技術産業システムの構築や、産業転換、経済発展などの促進にとても重要なイベントである。

WSS project team, China Instrument and Control Society
www.china-wss.com

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林