超高速高頻度取引は、外国為替市場の非効率性を改善するのに役立つのか?

2020年06月20日(土) 16:12:42

外国為替市場は、トレーダー達が通貨をリアルタイムの価格で売買または両替できる世界規模に市場である。この市場は、各銀行、各企業、各国の中央銀行、ヘッジファンド、投資顧問会社、末端の両替業者、及び投資家達の参加によって成立している。

外国為替市場は、トレーダー達が通貨をリアルタイムの価格で売買または両替できる世界規模に市場である。この市場は、各銀行、各企業、各国の中央銀行、ヘッジファンド、投資顧問会社、末端の両替業者、及び投資家達の参加によって成立している。

この古くから存在する通貨の売買市場である外国為替市場は、一日あたりの取引総量が5兆米ドルもあり、そのため先物取引も含めた株式市場に比べても突出して規模が大きく、あらゆる金融市場のなかで最大であると目されている。この巨大な流動性のおかげで、あらゆる為替市場の取引参加者は取引決済の遅延に悩まされることなく、取引実務が遂行されている。通貨取引は通常2つの異なる通貨を1組1ペアとして取引されているが、その理由は、ある通貨の「買い」もしくは「売り」が他方の通貨の「売り」もしくは「買い」に直結するという性質のためである。

数ある通貨のなかで最も多く取引されている通貨ペアのひとつに 米ドル/日本円があり、この数値はアジアの、ひいては世界全体の経済状況を診断する一種の指標と目されている。「ゴッファペア」という愛称でも知られるこの通貨ペアは、2019年度の為替取引全体の13.2%を占めている。

米ドル/日本円の通貨ペアはその流動性の面からもトレーダー達には一目置かれているが、これは日本円がアジア最大の取引量を誇る通貨であること、および米ドルが世界最大の取引量を誇る通貨であることに起因している。

為替市場は他の金融市場に比べて価格変動が大きい事が知られているが、これは各通貨が帰属するそれぞれの国の経済状況と密接に関連しているためである。特に現在は、新型コロナウイルス感染拡大懸念によって世界経済全体が大きな影響を被っているため、為替市場における価格変動は更に大きく揺れ動いている。従って、特定の通貨ペアの為替取引参加者にとっては、為替価格の変動は該当国の経済状況を知らせる警報になっている。

為替市場における価格変動について

金融関連業界誌の研究報告によれば、価格変動の度合いは、特定の資産価値がその過去の平均価格からどれほど逸脱しているかによって測られる値である、との事。つまり、逸脱の度合いが大きいほど、価格変動の度合いも大きくなる。価格変動の度合いは、日々の価格の動きの背景にある市場参加者の総意(確信の強さ)に連動しているとも言える。

為替市場の取引に際して本質的に重要なのは、各通貨ペアにおける特定の売買ボジションを保有している期間に、その為替レートの価格変動度合いがどの程度であったか、をリスクとして織り込んでおくことである。通常、価格変動度合いは、通貨ペア価格の上下変動の振れ幅として認識される。

価格変動度合いは一般的には不確実性とリスクを増大させるマイナス要因として認識されがちであるが、しかしながら、市場参加者にはよっては、価格変動度合いが大きさこそ為替市場の魅力だと考える者もいる。デイトレーダーにとっては、価格変動度合いは利益確保の可能性を左右する重要な要素である一方、購入し長期保持を基本戦略とする投資家から見れば逆に心配な要素である。

価格変動度合い自体は方向性を暗示するものではない。そうではなく、ただ為替レートの上下変動を示しているだけである。価格変動のより大きな通貨ペアはそれが小さいペアよりも価値の増大もしくは減少がより多発する傾向がある。

為替市場は世界経済状況や需給事情等によって大きく左右されるので、ある特定の通貨ペアが取引所によっては同時に異なる価格を付ける現象が頻繁に発生するが、通貨ペアが世界中で売買されている事を考えれば当然だと言える。そして、通貨ペア売買を実施するソフトウエアによっては、価格変動のスピードが速すぎてリアルタイムに追跡しきれない事態も生じ得る、これにより、ある特定の通貨ペアが取引所によっては同時に異なる価格を付ける現象に更に拍車が掛かってしまう。このような一連の現象は、一般に市場の非効率性としてよく知られていることであり、超高速高頻度取引はこの非効率性を緩和するのに有効である。

超高速高頻度取引はこの非効率性を改善できる

ここ数年の間に為替取引環境は年々進化してきてはいるが、未だに非効率性は存在しており、特に価格変動度合いが大きい時期にはそれが顕著である。為替市場で急激な価格変動が生じると、取引所によっては同時に異なる価格を付ける現象を発生させる事に繋がる。これらの取引所ごとの価格差が市場の非効率性に直結しているので、超高速高頻度取引はこの非効率性を改善できる。

超高速高頻度取引のシステム自体は、純粋に、トレーダーの取引コスト(自己の売買によって生じる価格の変動によるコスト)を最小化するため、および頻繁にポジションを作ったり解消したりしやくするため、そして取引実行速度を上げる事で利益確定の精度を上げるためという目的に沿って構築されたものであると、英国の政府系科学雑誌で研究結果が報告されている。

超高速高頻度取引システムは市場が極めて大きく価格変動している時にさえ持続可能性の面でも安定している。なぜなら、価格変動傾向とはさほど密接な関連性はないからである。その代わり、同時並行で発生する世界中の取引所間の価格差はリアルタイムでモニターされ、発見され次第修正されている。これは裁定取引という名で知られており、価格差は一瞬で解消される。

ジュビリーエース社(為替市場で自動裁定取引の基本ソフト販売を手掛ける会社)のCEO Tony Jackson氏は「裁定取引のおかげでリアルタイムに価格の矛盾に気づくことができる。取引が開始され、売りもしくは買いの方向性に大きな流れが生じる時、価格差は常に発生し得る。」と述べている。

新技術や基本ソフトが次々に新たに登場する昨今、超高速高頻度取引の数は増大し続けている。この超高速取引の基本ソフトは最新のテクノロジーによって作り出されたものであり、なおかつ自動取引の時代をスタートさせた。そして、「結果として、超高速高頻度取引のレベルが引き上げられることにより、市場の完全無欠性を傷つけることなく、効率性を上げることに成功した」と、先述の英国の政府系科学雑誌では述べられている。

裁定取引は、個々のトレーダーの利益確保の機会を保全する以外にも、世界中に散らばる取引所の価格をバランスさせ、かつ通貨ペアの価格を安定させる方向にも寄与している。「実際のところ、各取引所が価格差に気づいて問題視したおかげで、それを同一市場価格に収斂させ、市場に効率性を取り戻すことができた。」とJacksonは言っている。

覚えておいてほしい重要なこと

為替市場は世界最大の金融市場だと見られている。特定の通貨ペアで取引することが一般的であるなか、トレーダーによっては価格変動が大きく揺れ動いてるなかでは取引を控えがちである。ただ、ありがたいことに、超高速高頻度取引のような特殊な戦略の存在は、価格変動度合いに関係なく、市場で生じる価格差は一瞬のうちに消滅させることができ、効率を担保している。

Jubilee Aceについて

2018年に払込資本5000万ドルでイギリス領バージン諸島にて設立されたJubilee Aceは先進的データ分析会社の1つで、世界規模でのマルチセクター裁定機会を得意としています。取引所における従来型の商品の取引による裁定取引からスタートし、その後スポーツや仮想通貨の裁定取引を行うベンチャーを設立しました。データの抽出および加工を行い、それらを収益化戦略や実用的な市場判断に変えていきます。Jubilee Aceではリアルタイムのテクノロジーを複数活用し、初めて参加されるトレーダーや経験豊富な方にも、様々なセクターにおける低リスクの投資を通じて、ポートフォリオを成長させるための新鮮な視点をお届けします。データおよびテクノロジーの進歩に重点を置くことで、ポートフォリオクライアントは安心して資金をお任せいただけます。

メディア対応お問合せ窓口
Mansion Greenwood
media@jubileeace.com

Image by: Pixabay

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都港区南麻布4-14-2
□電話番号
 TEL:0357911821
□担当者名
 小林