コマツの悲惨な安全記録

2020年06月26日(金) 23:17:40

Good Jobs Firstによる違反追跡調査では、コマツは、米国労働安全衛生局(OSHA)、EPA、NLRBに引用された2000年以降の罰金額が300万ドルを超え、業界内でワースト6位にランクされています。

Good Jobs Firstによる違反追跡調査では、コマツ(OTCMKTS: KMTUY)は、米国労働安全衛生局(OSHA)、EPA、NLRBに引用された2000年以降の罰金額が300万ドルを超え、業界内でワースト6位にランクされています。主要な14の違反のうち8つには、職場の安全と雇用関連の違反が含まれています。2017年のOSHA違反報告によると、被引用数が最も多かったのは転倒防止でした。

コマツアメリカに関する連邦政府からの引用や裁判所の訴訟で示されるような過失の継続的なパターンは、安全に対する姿勢の甘さを示していると言えます。

コマツアメリカの最近の安全違反事例は以下のとおりです。2020年1月24日、ユタ州のコマツ従業員が、商用運転免許証の停止や取り消し処分中に商用車を運転していたことが発覚しました。

2019年12月5日、ユタ州の別のコマツ従業員は有効な診断書を所持せずに商用車を運転していたことが判明しました。

2006年9月26日、ノースダコタ州のHenry Ross氏は、本来装着されるべきシートベルトやロール・オーバー・プロテクション・システム(ROPS)が装着されていないコマツの機械を操作して死亡しました。コマツアメリカは、Ross氏の安全を確保するための基本的な運転者保護具を彼が操作していた機械に装備していませんでした。

2012年にイリノイ州ノーウッドのコマツ工場で発生した別の事例では、Stanley Musgrave JR.(53歳)が労働災害で死亡しました。2011年、OSHAはイリノイ州の同工場を提訴しました。この2回の繰り返し違反には、「機械固有のエネルギー制御手順を開発できなかったことと、作業者にエネルギー制御手順を確実に理解させるための訓練を怠っていたこと」が含まれていました。

「コマツアメリカは、機械が正常に機能し、従業員が使用する機械を安全に操作するための適切な訓練を受けていることを保証する責任を負っています。」と、OSHAのイリノイ州ピオリア地域担当ディレクターTom Bielemaは述べています。「この不幸な事故は、雇用主が過去に油圧カプラーの故障した事故に対処していれば防げたかもしれません。」

2019年3月6日、ニューメキシコ州グランツシティの鉱山で、コマツの経験1年のアメリカ人従業員のTimothy Rivers氏(35歳)が、500トンの油圧式ボトルジャッキからリリーフバルブに打たれて死亡しました。Rivers氏が電動ショベルを上げようとしたとき、油圧により4台のボトルジャッキのうち1台からリリーフバルブが飛び出しました。リリーフバルブが直撃してRivers氏は死に至りました。MSHAによるその後の審査では、請負業者(コマツアメリカ)がボトルジャッキが動作可能な状態に維持されていることを確認していれば、この事故は発生しなかったであろうとの結論に至りました。

2016年7月20日、コマツの掘削機2台を積載したセミトラックが、ワシントン州チェハリス近郊の州間高速道路5号線の高架に衝突し、損傷を与えたため、上記訴訟に発展しました。

現在進行中の連邦訴訟では、この高架衝突の原因が重過失と同じパターンであることが争点となっています。コマツアメリカの請負業者の従業員は、コマツの掘削機の輸送の高さを下げるためにブームを下にカールさせるように指示されたことはなかったと宣誓の下に証言しています。ブームをカールさせなかったことによる高さの増加が、2016年7月22日の悲惨な高架衝突を引き起こしました。

コマツには、請負業者のModern Machineryが従業員を正しく訓練しているかを確認するための継続的な訓練プログラムがあるか、また訓練を実施しているかを監査する機会がありました。コマツは、OSHA遵守について請負業者を監査しないことを選択しました。OSHAでは、全オペレータが操作する機械について訓練を受ける必要があります。請負業者の従業員は、高架衝突に関与した機械を操作するための訓練を受けたことがないと証言しています。

訴訟では、コマツアメリカの代理店であるModern Machineryが、輸送中の機械についてコマツが公表している出荷時の寸法に沿って掘削機を適切に積み込むことを怠ったと主張しています。ETONは、メーカーの推奨事項に従って積載しなかったことが事故と高架の損傷の原因であると主張しています。

Modern Machineryは、億万長者のDennis R.Washingtonが所有するワシントン・カンパニーズとして総称される非公開企業の大規模なコンソーシアムの一部です。Modern Machineryは、高品質な重機の販売およびレンタルを行い、建設、鉱山、林業業界に機械のサポートを提供しています。ワシントン州ロチェスターにあるModern Machineryのターミナルには、海外から持ち込まれ、コマツ販売店へ出荷待ちの各種機械の大規模なステージングエリアが集結しています。

ETONは米国ラスベガスを拠点とする大手の運送会社であり、米国西部で機械、プロのドライバー、優れたオンタイム・サービスを提供しています。

コマツアメリカ株式会社は、建設・鉱山機械やユーティリティ(小型機械)などの製造・販売事業を展開する世界第2位の土木機械メーカーであるコマツ(OTCMKTS: KMTUY)の米国子会社です。

お問い合わせ先:
ETON.me
Mitchell Truman
+1 (702) 348 6370
http://www.ETON.me
Environmental Transportation of Nevada, LLC

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都港区南麻布4-14-2
□電話番号
 TEL:0357911821
□担当者名
 小林