コロナウイルスに打ち勝つ―新規投資家が現在の経済情勢を乗り越えていく方法―

2020年06月27日(土) 14:20:35

現在コロナウイルスは、世界経済や大多数の人口にマイナスの影響を与えており、その影響は今後も続くといわれています。

現在コロナウイルスは、世界経済や大多数の人口にマイナスの影響を与えており、その影響は今後も続くといわれています。世界銀行の世界経済の見通しに関する最新の報告書によると、コロナウイルスの影響により今年の世界経済は5.2%縮小しており、第二次世界大戦以降、最も深刻な状態にあります。

経済が下降傾向にあるため失業率が増し、アメリカ合衆国は失業給付金の申請者が多い国の一つとなっています。2020年の5月末時点で、3,860万人のアメリカ人が失業しており、その数は増え続けています。今後もコロナウイルスの影響により、正社員、アルバイトなど合わせて2億人もの従業員が仕事を失うでしょう。

パンデミックにより、何百万人もの人が新しい収入源を探しています。インターネットで仕事を検索する人もいますが、スキルなどの条件が合わない場合を除き、投資マーケットへの参入は、メインの収入源を置き換えるための選択肢となるかもしれません。マーケットには利用可能なオプションがいくつかありますが、フィンテック企業のイノベーションは、従来の投資プラットフォームと比較するとハードルが低くなっているかもしれません。

オルタナティブ投資の商品について

現時点で利用可能な投資商品はいくつか挙げられますが、そのほとんどを始めるには高度な知識が必要になります。株式を例に挙げると、投資プロセスを始めるにあたり、いくつかのステップが必要になるため、新規投資家にとって最初の一歩を踏み出しにくいものとなります。その一方でデジタル資産については、経験や知識が投資家に必要とされないため、新規投資家が参入しやすくなっています。また、これらの資産はインターネットを利用することで、リモートで完全に管理できます。変わりやすいマーケット状況にも関わらず、正しい戦略を用いることで、新規投資家は利益を生み出すことができます。

価値としてのデジタル資産は、暗号化技術と分散台帳技術の進歩により可能になりました。これらの技術は、独自のアカウント単位で建てられてあり、仲介業者なしでP2Pにより転送されます。すなわち、デジタル資産は仮想的に存在している資産であり実体はありませんが、その多くは実世界の資産とますますリンクしていくことが、Deloitteの報告書で述べられています。

これらの仮想資産では、新規投資家とベテラン投資家のどちらにおいても比較的利益が出るものとなり、最も有益なオルタナティブ投資の商品となっています。持続可能な戦略と組み合わせれば、誰でも利益を上げることができます。ただし予期しない損失が発生しないようにするため、全ての投資戦略を慎重に取り扱う必要があるということにお気をつけください。

短期と長期、どちらの投資にするべきか?

投資商品を一度決めた後は、どのくらいの期間、資金を固定化したいかを算定する必要があります。どちらにしても、資金の節約を最大限活用する戦略が必要になります。短期投資では、戦略の一つとして、裁定取引を検討することになります。

フィンテック企業主導の投資プラットフォームである、Prance Gold HoldingsのCEOのAndre Geraldは、「裁定取引は、異なるプラットフォーム上で同じ資産の価格相違を利用する短期投資の戦略であり、ある人が資産をマーケットで購入後、違うマーケットで同じ資産を売り、異なるマーケット間の価格差益から利益を得ることができます。」と説明しています。

裁定取引は資産価値に依存しないため、低リスク、かつ収益性の確保ができる可能性が生じます。現在の経済情勢の中、新しい収入源は失業問題を乗り越えるために必要であり、これは特に最適な方法ともいえます。裁定取引は、低リスクが実証された戦略の一つです。Geraldは、「投資戦略として裁定取引を用いる最大の利点は、もしも正しく展開されれば、マーケットの状況に左右されることなく、リスクフリーであることです。」と述べています。

長期投資については、投資家は資産を数週間から数年間保有する必要があります。投資家は、デジタル資産の価値が上がるのをただ待つだけです。デジタル的、または物理的に資産を保護することは、長期投資の安全性を確保するために重要といえます。

金やその他の貴金属のような安全な資産については、経済情勢に関係なく売買でき、長期的に人気のある投資商品です。そのオプションは現在まで限定されていましたが、デジタル領域からの新しい資産クラスが新商品を提供し始めています。The Journal of Risk and Financial Managementで公開されたレポートによると、「[デジタル資産]は、デジタルゴールドと呼ばれることがあります。金は、インフレに対するヘッジ、安全な投資、分散投資を増やすための手段として提唱されています。」つまり、経済が悪化している間、デジタル資産の長期投資が特に利益を生む可能性を持つことを表しています。

結論

失業率の増加により、多くの人々がオルタナティブ投資商品のような独創的な収入源を模索しています。もしも正しい戦略と組み合わせれば、誰でも利益を生むことができ、現在の経済情勢に関係なく、経済的なサポートを続けることもできます。ハードルの低いデジタルプラットフォームを用いた投資を可能にすることは、新規投資家が参入するきっかけになるかもしれません。

Prance Gold Holdings社について

Prance Gold Holdings社の本社は Seychelles(セーシェル<東アフリカの国>)にあります。この会社の主軸のビジネスモデルは、各種貸付金の買付けおよびローンの種類と金額によっては利子の短期貸付業となっています。それと同時に、安定的かつ信用できるプロジェクト遂行のため短期資金調達先を必要とする企業(大会社)に対する資金貸出しも、実施しています。

情報元の連絡先
上記情報に関して何かございましたら下記 Linda Fairbrother宛へご連絡下さい。 lindafairbrother@prancegoldholdings.com.

出典:Pixabay

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都港区南麻布4-14-2
□電話番号
 TEL:0357911821
□担当者名
 小林