BOYET:中国をベースに、世界を目指し、ダイヤモンドの新世紀を開く

2020年06月29日(月) 14:28:10

中国から、隣の日本の経済デフレ、ヨーロッパで第一位工業国であるドイツの経済停滞、英国の銀行大手HSBCの世界の利益は33%急減し、グローバルビジネスが35,000人を解雇する準備をしているとさえ発表した。

2020年の初めに、新型コロナウイルスの爆発に伴い、世界第2位の経済大国であり、グローバルサプライチェーンの重要な一部である中国から、隣の日本の経済デフレ、ヨーロッパで第一位工業国であるドイツの経済停滞、英国の銀行大手HSBCの世界の利益は33%急減し、グローバルビジネスが35,000人を解雇する準備をしているとさえ発表した。ほぼ全世界の人々は、コロナのブラックスワンイベントに見舞われており、企業が現在の状況を逆転させる方法を考えている。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国内経済、宝石、金に加えて、投資家にとってダイヤモンドにもリスクを回避するための一番いい選択肢になっている。BOYETダイヤモンドのCEOであるIssac Othniel氏によると、コロナ時期にジュエリーやその他の高級品を海外に購入できないこと、および最近の国際的な金価格の高さのため、現時点で市場に参入することは効果的ではない。そして、より多くの投資価値を持つダイヤモンドに切り替えたが、その中でも3カラットを超える高純度ラウンドブリリアンカット・ダイアモンドが最も求められている。Issac Othniel氏は、新型コロナにより引き起こされた世界的な不景気に、このような高純度ラウンドブリリアンカット・ダイアモンドの価格は約300万から400万になって、逆に上昇したと述べた。ただし、取引量が増えるため、できれば品質保証のある、また契約保護のある宝石商を通じて、宝石を購入することをお勧めした。

新型コロナウイルスに対応して、上海BOYETジュエリートレーディング株式会社も新しいシェアリングエコノミー2.0を備えた「BOYETダイヤモンド共有モデル」をアジア太平洋地域で立ち上げた。それは全員ダイヤモンドというアイデアに基づいて、誰も心の中で理想的なダイヤモンドを簡単に手に入れることができることだ。

Issac Othniel氏は、BOYETダイヤモンド共有プロジェクトが中国、日本、韓国、タイなどで立ち上げられて以来、アジア太平洋地域のさまざまな国によって深く支援されてきた。特に中国と日本市場には巨大な顧客基盤があると述べた。現在、BOYETダイヤモンドは東京ダイヤモンド取引所と積極的に連絡を取り合っており、2021年には日本の東京ダイヤモンド取引所に正式に参入する予定だ。将来的には、日本のハイエンド顧客に、より高品質で完璧なダイヤモンドを提供できるようになる。

Issac Othniel氏はまた、BOYETダイヤモンドが中国をベースに、世界を目指し、一連の包括的な計画を上海で設定したと述べた。コロナウイルスにより広州の加工工場と上海本店の出店計画は延期されたが、今本格化しており、今年末までに完了する予定だ。さらに、BOYETダイヤモンドも2023年に中国でとTOP2の証券取引所の1つである上海証券取引所に上場される予定だ。新たなマイルストーンがBOYETダイヤモンドに開設されると信じられる。一緒に楽しみましょう。

Media contact
Company Name: Shanghai Boyet diamond Limited
Contact: KK Chan
E-mail: kkchan@boyetdiamonds.com
Website: www.boyetdiamonds.com

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都港区南麻布4-14-2
□電話番号
 TEL:0357911821
□担当者名
 小林