COVID-19パンデミック時に中小企業を救う方法

2020年07月20日(月) 14:24:33

Covid-19のパンデミック状況により企業は多大な損失を被ったため、ビジネス弁護士を通じて州政府および連邦政府からのCovid-19支援を申請できる。

2020年7月の時点で、コロナウイルスのパンデミックは米国の株式市場に11兆ドル以上の損失をかけた。コロナウイルスのパンデミックは多くの企業に影響与える。各国政府閉鎖命令により、大規模な企業倒産を起こさせた。

Brad Nakase (Nakase Law Firm, California business lawyer and employment lawyer https://nakaselawfirm.com ) は、2020年に米国トライアル弁護士協会から「訴訟弁護士オブザイヤー」というタイトルを授与された。彼はコロナウイルスのパンデミックが世界中の企業を苦しめ、そして経済回復について悲観的であると指摘した。Nakase氏によると、2020年7月16日までに、ナスダックとダウ・ジョーンズの指数は10,600と26,000前後で推移しているが、中小企業と失業者の実際の状況を反映していない。

企業へのウイルスの影響は異なる。一部の企業は在宅勤務を使用して問題を解決しているが、他の企業は流行の閉鎖措置のために大きな損失を被っていた。

Brad Nakase氏は、「将来は非常に不安定である。ウイルスを根絶し、経済を回復させるのにどれくらいかかるかはわからない。しかし、企業と失業者は、生き残るためにいくつかの対策を講じなければならない。政治家は「コロナウイルス救済プログラム」で、企業や個人の財政難を緩和するために個人をサポートする。

2番目のコロナウイルスアシスタンス

Covid-19のパンデミック状況により企業は多大な損失を被ったため、ビジネス弁護士を通じて州政府および連邦政府からのCovid-19支援を申請できる。Nakase氏は、「議会はコロナウイルスの第2の補助法案について話し合っている。これは約1.5兆ドルにもなるが、それだけでは十分ではないかもしれない」と述べた。

政府が低金利の連邦災害融資を提供しているため、この困難な時期に、企業はビジネス弁護士のアドバイスに従い、SBAローン、連邦所得税などの政府からの救済を申請することができる。多くの中小企業は、会社の運営費を支援し、事業の崩壊を回避するために、経済的傷害災害ローンを申請する場合がある。繰延所得税は、企業にパンデミックの悪影響を減らせ、重い損失から救われる。

2番目のPPP計画

Brad Nakaseは、「最初の給与保護プログラム」に追いついていない多くの中小企業が、最近議会によって制定された新しい法律の2番目のPPPプログラムを通じて救済を受けることができると述べた。2番目のPPP計画(優先給与保護法)によると、従業員が100人未満の会社が中小企業管理局にコロナウイルスによる収入の少なくとも半分を失ったことを証明できる場合、第2回救済金を申請できる。

流行が悪化し続ける中、中小企業と数百万人の失業者のアメリカ人が苦闘し続けるだろう。Nakase氏は、何百万人ものアメリカ人が仕事に戻って家族を養うことができるようになるため、草の根で苦労しているアメリカ人が議会に小企業に援助をするように促していると語った。

メディア連絡先
会社:Nakase Law Firm
連絡先:Brad Nakase
お問い合わせ: https://nakaselawfirm.com/contact/
ウェブサイト: https://nakaselawfirm.com

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林