Gainsky Investmentsのトレーディング・チームは、ミラー・トレーディングを通じてポートフォリオの成長を支援します

2020年10月30日(金) 16:56:09

Gainsky Investmentsでは、深い取引知識がなくてもポートフォリオを成長させることができるよう、ミラー取引を顧客に提供しています。

ミラー取引とは、トレーダーがエキスパートトレーダーの取引戦略に従ったり、コピーしたりすることを可能にする方法です。このタイプの取引により、新規のトレーダーは予備知識がなくても市場に参入して取引を行うことができます。Gainsky Investmentsでは、深い取引知識がなくてもポートフォリオを成長させることができるよう、ミラー取引を顧客に提供しています。以下では、同社のこのプラットフォーム上で取引を策定し、実施する専門家チームを紹介いたします。

最初の取引チームは、ポール・ギデオン率いるイーグル・トレード・チーム(レッド・チーム)と呼ばれるもので、スリー・イン・ア・ロウ戦略を採用しています。このGainskyトレードチームは、指数移動平均(EMA)、相対ストレングス指数(RSI)、ストキャスティクスオシレーターを使用しています。この戦略は、3つの異なる期間設定(5日と10日)を持つ2つのEMA、1つのデフォルトのRSAと1つのストキャスティクスで構成されています。これらの指標を使用することで、トレーダーはどんな市場の変化にも柔軟に対応できるようになります。

2つ目のトレードチームは、チャールズ・クイントンが率いるフラッシュライト・トレードチーム(イエローチーム)と呼ばれています。2つの有名な指標で構成された “ツーフィンガー”戦略を採用しています。移動平均線(MA)とフラクタルズです。この戦略では、5日と22日の期間設定で2つの単純な移動平均を使用しています。これらのMAを通して、トレーダーは明らかに進行中のトレンドを見て、そこからレバレッジをかけることができるようになりました。

カール・シュミットが率いる第三のトレーディングチームは、テッド・トレード・チーム(ブルーチーム)と呼ばれています。このチームは、フォーティーン戦略を使用しています。この戦略は、デジタル資産のようなボラティリティの高い市場でトレーダーがお金を稼ぐことを可能にする、より長い時間枠で効果的であると考えています。移動平均線で構成されており、期間設定は14日、最大200日となっています。Gainskyチームの中では最も収益性の高い戦略ではありませんが、一貫性があり安全性が高いというメリットがあります。

これらのGainsky Investmentsチームは、どのようなタイプのトレーダーでもFXやクリプトカレンシー市場で利益を上げることを可能にしています。また、これらのチームはトレーダーのポートフォリオを成長させる役割も担っており、トレーダーが獲得した利益を最大化させることができます。

Gainskyについて

Gainskyは、アイビーリーグ出身のロバート・ベンツ氏(CEO)が率いるウェルスマネジメントとトレーディングサービスを提供する企業で、財務管理を専門としています。ベンツ氏はデジタルアセット業界に大きなビジネスチャンスを感じ、2018年に同社を設立しました。ドイツに本社を置きますが、中国をはじめとするアジア地域でのプレゼンスを高めています。

連絡先
ウェイン・ピータース
media@gainsky.com

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林