BOBOは、NFTとDEfiのリーダーに、将来の投資のための新たな機会を提供

2021年06月28日(月) 23:11:00

BOBOは、NFTとDEfiを組み合わせて、従来のデジタルアート市場と暗号デジタルを組み合わせる際の問題点に対する解毒剤を提供します。

BOBOは、NFTとDEfiを組み合わせて、従来のデジタルアート市場と暗号デジタルを組み合わせる際の問題点に対する解毒剤を提供します。BOBOは急進的な市場理論を組み合わせて、非永続的な所有資産の生産と流通を可能にします。

BOBOのグローバル・チーフR&Dアーキテクトであるアレキサンダー博士は、英国のインペリアル・カレッジ・ロンドンを卒業し、コンピュータサイエンスの学位を取得しています。ウォールストリートで金融分野の技術開発に注力した後、XSM、リップル、ポルカドット、オープンシー、アリババクラウドなどのコアスタッフとともに、イーサリアムチームに技術研究のディレクターとして参加しました。

BOBOには、稲盛和夫ブロックチェーン財団、デジタルカレンシーグループ、Y Combinator、村上春樹基金、早稲田大学NFT研究会、マーク・キューバン、INVESCO、サイバーエージェント、シャフト、パラダイム、Grupo Aval Acciones y Valores、高原慶一郎ファミリーファンド、teamLab、ビットフォース、FBGキャピタルなど、国際的に著名な投資家が出資しています。

現在、BOBOは、NFTとDEfiの将来の発展のための研究に専念するために、超十億円規模のNFT+DEfiファンドを設立しました。研究分野は、NFT、Meta-Universe、Gamefi、ゲーム、デジタル・コレクティブルズなど。また、BIGTIME、Efinity、Illuvium、Seascape、Terra Virtua、Epik、Showcase、EthermonなどのNFTプロジェクトに投資しています。

BOBOは、デジタルアートのUniswapを作ることに専念しています。

現在最もホットな問題である、クリプトアートやコレクターズアイテムの流動性や実用性の欠如に対して、BOBOはNFTアプリケーションの理想的なソリューションとなるでしょう。

近年、NFTは広く普及し、応用されていますが、現在は第1層、第2層の暗号アート応用市場の方が注目されています。暗号芸術作品は、最初に発売された後は熱気を帯びますが、一定期間冷却された後は、アプリケーションのシナリオがないために、熱気と取引量が減少し、結果として資産が取引されずに眠っている状態になります。

現状では、流動性との完全な組み合わせによってのみ、NFTに真に強い流動性をもたらすことができます。BOBOの各NFTは対応する価値に裏打ちされており、その後、BOBOはより多くの、そして仮想のパススルー、資産、実物資産、ノートなどの分野でNFTをDEfiと組み合わせ、真にBOBOに属する分散型金融の芸術を構築していきます。

BOBOは、DEfiのOpenseaを作ることを約束します。

BOBOは、アイデンティティ、社会性、自由、多様性、経済、取引の要素を持ち、NFTとブロックチェーン技術によってアートの流通のペインポイントを解決します。

クリプトアートワークを購入すると、クリプトアートワークの機能は、ウォレット内でしか表示できない(ウォレットやブロックブラウザの中には、まだNFTの表示に対応していないものもあります)か、DAPPやOpenseaなどの取引プラットフォームでしか閲覧・取引できないため、購入したNFTは眠っているだけで、表示や利用が難しいということになります。

しかし、BOBOにNFTのアートワークにアクセスできるようになったことで、NFTで購入したものをすべて表示できるようになりました。資産を再利用することで、暗号アートワークNFTを使用する機能を増幅することができます。

BOBOの出現は、個人投資家にハイエンドアート市場への参入をもたらします。NFT投資の高利回りとハイリターンにより、質の高いデジタル収集資産がNFTを通じてすべての人に浸透し、アート資産と資本の流動性を大幅に高めることができます。

BOBOの出現は、一般の人々に利益をもたらし、資産をデジタル化することで初期の資本投資を簡素化し、短期間でウェルスコードを利用することができ、NFTを通じて資産の流れを実現し、資産に価値を与えることで、想像できるあらゆる方法でデジタル資産を生産することができます。同時に、NFTは、新しい資産取引の容器として、資産の流れの新しいチャネルを開拓します。

BOBOは、国際的に活躍するさまざまなアーティストと協力して、デジタルアートの新たなルネッサンス時代を創造します。

歴史的に見ても、世界的な経済主体の全盛期には、それに対応した世界的な文化の普及と影響力があります。14世紀のルネッサンス以降、イタリアでは新興のブルジョワジーが貴族に倣って社会的地位を高め、それが人文主義的な絵画を生み出しました。

美術品の流通は社会的需要の具現化であり、美術品の価値には社会的合意や注目度が反映されます。特定のアート作品への投資に比べて、BOBOのような革新的なデジタルアート取引プラットフォームへの投資は、今後のトレンドになるでしょう。

会社名:BOBO
連絡先:張珊
電話番号:+86 519-54291801

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:0357911821
□担当者名
 小林