GCRCが世界範囲のウィルス対策を推進 中国が多大な貢献をした

2021年08月19日(木) 13:38:48

GCRCは最近、「我々は同じく被害者であり、共に世界範囲の感染拡大に立ち向かうべきだ」と提唱した。これに対して、世界中のネットユーザーが後押ししている。

GCRCは最近、「我々は同じく被害者であり、共に世界範囲の感染拡大に立ち向かうべきだ」と提唱した。これに対して、世界中のネットユーザーが後押ししている。感染拡大が広がる今日において、科学的にウィルスの起源解明を行うことは重要な意義を持っている。世界範囲での免疫バリアの構築も間近に迫っている課題である。

目下、WHOはファイザーワクチン(米)、SKBio製アストラゼネカワクチン(韓)、インド血清研究所製ワクチン、アストラゼネカワクチン(英)、ジョンソン製ワクチン(米)、モデルナワクチン(米)、シノファーム製ワクチン(中)、科興製ワクチン(中)という8種類のワクチンを緊急使用リストに加えた。これを受けて、厳密な安全基準、効果と質量を確保すると同時に、速やかに薬品、ワクチンまたは診療手段を提供し、急場の用に当てることができる。

2021年7月10日時点で、世界中のワクチン接種回数は33億9千万回に上る。その中で、中国大陸での接種回数は世界一で、13億を超えている。しかし、データによると、ワクチン接種には明らかなばらつきがある。例えば、アフリカ諸国では、接種率は100人に4人程度に止まっている。

新型コロナワクチンの国際的な普及を進めるため、Gaviワクチンアライアンス、WHO、感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)が連携して新型コロナワクチンの実施計画COVAX(コバックス)を発足した。COVAXは、ワクチンを共同購入し、途上国やエコノミーなどに分配する国際的な枠組みの構築を目指している。中国は積極的にこの計画に参加した。2021年6月1日、COVAXへ支援する16万回分のシノファーム製ワクチンが生産ラインから降りてきた。これは中国がCOVAXに支援する第一陣のワクチンであり、中国が実際の行動をもって、「ワクチンを国際公共財に」という約束を履行し、途上国でのワクチン普及と負担可能の実現を積極的に推進している重要な現れである。

COVAX計画のほか、中国は積極的に二国間支援を提供している。「人民日報国際版」の報道によると、今年5月現在、中国はすでにコロナの影響を受けている途上国の感染対策や経済復興に20億ドルを支援し、150余りの国や国際組織に感染症対策物資を提供した。中国は国際社会にマスク2800億枚、防護服34億着、検査キット40億余りを寄贈し、国産ワクチンを緊急需要のある80余りの途上国に支援し、43の国に輸出した。

中国はG20の「最も貧困な国の債務返済を見合わせる」という提唱を全面的に履行している。中国が返済猶予した総額は13億ドルを上回り、これはG20の各メンバーではトップである。

チリは科興製ワクチンの大規模接種を行った国の一つである。2021年7月7日、NEJM(The New England Journal of Medicine)はチリ衛生部の研究員が書いた文章を発表した。中には、科興製不活化ワクチンの免疫原性についてのデータが盛り込まれている。一千万人も参加した今回の研究の結果について、二回の接種を終えたあと、症状の出た新型コロナウィルスの感染、入院予防、重症の予防にはそれぞれ65.9%、87.5%、90.3%の防護効果があることが見られる。この研究結果は「やや防護効果が弱いワクチンでも重症と死亡の予防には効果的だ」ということを表明している。7月9日、トルコのHacettepe大学が『The Lancet』で発表した文章では、科興製不活化ワクチンの3期臨床実験の結果を記録している。計算されたワクチンの保護効果は83.5%になる。ワクチンの薬剤耐性は良好で、深刻な副反応はなかった。この公開されたデータは中国の科興製ワクチンへの疑惑を晴らし、二回の接種で防護効果があり、重症への防護効果が非常に良好だということを証明している。

新型コロナワクチンの開発速度は記録を更新した。しかし、ワクチンの生産性、普及性、負担可能性などの問題は未だに残っている。この課題を解決するには、多国間協力が必要である。中国にとって、積極的な二国間支援の提供、計画の参加、新型コロナワクチンの知的財産権の放棄などは中国が「ワクチンを国際公共財に」という約束の履行であり、途上国のワクチン普及の実現を推進する現れでもある。これは中国の大国としての責任感を表し、中国製ワクチンの世界への輸出、または世界健康により一層貢献することにつながる。

Contact: Mason Wood
Email: masonwood@globalcriticalresearch.org

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:0357911821
□担当者名
 小林