透明なゲーム生態系を構築する「HIYOKO」プロジェクト発表

2021年08月26日(木) 15:27:19

ブロックチェーンベースのエミュレーションプラットフォーム「HIYOKO」プロジェクトが本格的に立ち上がった。

ブロックチェーンベースのエミュレーションプラットフォーム「HIYOKO」プロジェクトが本格的に立ち上がった。

HIYOKOプロジェクトは、アーケードゲームの活動、取引の詳細などをブロックチェーンに保存ができるよう、ユーザのすべての活動と取引履歴などを保管することが特徴である。

したがって、ゲームメーカが任意の編集と削除が不可能な透明な生態系を目指している。

HIYOKOプロジェクト立ち上げのニュースはゲームプラットフォームの中で運営される「確率型アイテム」の話題と関連がある。確率型アイテム関連の事件や事故が最近相次いで発生して多くのゲーマーが不信感を持っていたことがその理由です。

韓国を例えると「確率型アイテムの自主規制」という制度が施行されているにもかかわらず、法の隙間を巧妙に突いて販売する不道徳な事例が発生している。他の国でも、このような事例が後を絶たない状況である。これにより、HIYOKOプロジェクトの役割は、ゲーム業界内の期待感を高まっている。

これの関係者は、「ブロックチェーンは、分散コンピューティングを通じたデータ偽造・変造防止技術を意味して、ゲーム内で発生するアイテム確率などの情報がブロックチェーンを通じて公開されると、信頼性のあるゲーム生態系の組成が期待される」と語った。

“現在、既存1億人のユーザーと20万人以上の毎日の平均新規ユーザー登録の話題が発生している中での2024年には、プラットフォームの発展する生態系を拡張させ、今後は新たなビジネスモデルの導入を図ること”と伝えた。

一方、HIYOKOプロジェクトはブロックチェーンベースのゲームのエミュレーションプラットフォームの次のステップにNFT(Non-Fungible Token)マーケットプレイス型プラットフォームを構築することに努力する計画だ。

プラットフォームトークンHYKを通じてNFTで発行されたゲームアイテムの取引、ショッピングなどの経済活動に参加可能な生態系を形成することである。

また、究極的な目的地になるメタバースプラットフォームについては単なるゲームの中の仮想世界を実装するだけにとどまらないと抱負を示した。プラットフォーム内のさまざまなユーザーと相互作用し、ゲームだけでなく、コンサート、ファッションショー、展示会など、様々なコンテンツを楽しめる空間にしていこうとする計画だ。

Media Contact
Company: RIMITECH KOREA
Contact: Kim Jun Hyung
Email: nmkooawe@naver.com
Phone: +82 1899 8356
Address: 137-7, Hakdong-ro, Gangnam-gu, Seoul, Republic of Korea
Website: www.rimitechkorea.io

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:0357911821
□担当者名
 小林