AMBLE EXCHANGE、4大陸への進出を具体的な形へと

2021年09月06日(月) 13:25:40

アンブルフィンテックグルーㇷ゚(AMBLE Fintech Group)は、アンブルアジアを基軸にヨーロッパ、北米、南米の市場をターゲットとし、取引所や暗号通貨銀行などの設立を推進してる。

アンブルフィンテックグルーㇷ゚(AMBLE Fintech Group)は、アンブルアジアを基軸にヨーロッパ、北米、南米の市場をターゲットとし、取引所や暗号通貨銀行などの設立を推進してる。

現在各国家で、暗号通貨の取引所への介入の試みや制約が増加しており、グローバル市場の連携とユーザーからのアクセスが容易になるよう、大陸間の統合上場の重要性が顕著になってきている。

このような状況を踏まえ、アンブルフィンテックグループではアンブルアジアを筆頭とし、ヨーロッパ市場を対象にルクセンブルク取引所、アメリカ大陸を対象にワイオミング取引所の設立まで拡張し、具体的な形にしようとしている。

ビットコインは、すでに多くの国家で法定通貨として認められている。最近人気を集めているメタバースやNFTエコシステムの核心がイーサリアムメインネットであり、それが暗号通貨の派生商品である点を考慮すれば、国家がいくら暗号通貨の規制を厳しくしても、現状の流れを変えることはできないと考えられる。

アンブルフィンテックグループのMark Williams理事は”最近、デジタル資産及び暗号通貨の採掘産業に対する中国政府の強い弾圧や規制が、かえって大きな機会になっている。”と述べ、また”中国にいる多くの採掘業者たちがアメリカに移住している点をみても、それはバルーン効果による大きな変化であり、日本のソフトバンク会長である孫正義氏が予見したシンギュラリティインフレクションのデジタルの機会である。”と話している。

アンブルフィンテックグループは、特に中国と韓国など、アジアでの規制により上場が廃止される様々な暗号通貨が、かえってアメリカやヨーロッパの取引所を成長させる貴重な機会を与えていると明かした。

“アンブルヨーロッパ”では、ヨーロッパ最高の金融中心地のルクセンブルク(日本最高のデジタル取引所であるビットフライヤーと、ヨーロッパ最大のデジタル取引所の一つであるビットスタンプがすでに運営されている)で、2022年にデジタル取引所を設立するよう進めている。

“アンブルUSA”では、アメリカですでに設立されているクラーケンクリプト銀行のような”アンブルクリプト銀行”を設立し、本格的にアジア、ヨーロッパ、北米や南米の市場をターゲットとし、取引所と暗号通貨銀行を連動する4大陸の統合システムを準備している。

この他にも最近メタバースとNFT市場が爆発的な成長を見せる中、アンブル取引所は今後、ミリタリーメタバース、ワイズマム(Wise mom)メタバース、ブレインスポーツメタバース、ペットメタバース、電気自動車メタバースなど、様々な試みを計画している。

アンブルフィンテックグループの担当者は、一つの地域や国に限定されるより、アジア、アメリカ、ヨーロッパなどの各大陸の国家が、多様で独特な文化であるスポーツ、美術品、音楽、キャラクター、ストーリー、無形/有形文化遺産の芸術家や会社と協力し、各国のNFTマーケットプレースの商品がより迅速に海外へと紹介されるよう、今後も最善を尽くすと説明した。

Media Contact
Company: Amble Ltd.
Contact: Larry Kang, Team Leader Asia
Telephone: +82 10 5101 6370
E-mail: info@amble-bank.com
Website: https://www.amble.one/

SOURCE: Amble Ltd.

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:0357911821
□担当者名
 小林