LYRA あなたのための新しいDeFi AIシステム

2022年04月27日(水) 19:13:10

LYRAは、公開データにアクセスするために開発された独自のAIシステムで、レバレッジドファームのリスクを軽減することを可能にしています。

LYRAは、公開データにアクセスするために開発された独自のAIシステムで、レバレッジドファームのリスクを軽減することを可能にしています。すべてのDeFiプロトコルとオンチェーンデータを分析するDeFiの「分析ツール」として、借入資産の金利も監視し、最も利回りの高いプロトコルを最適なレベルでレバレッジしていることを確認することができます。

分散型金融 (DeFi)のコンセプトを理解することは、この新しい領域で収益の可能性を最大化したいと考えるすべての暗号ユーザーにとって重要です。DeFiでは、従来の銀行機能が誰でも利用できるようになりましたが、より直感的、革新的、かつユーザー中心の方法で、一般大衆は無数のプラットフォームとプロトコルを活用し、従来の中央集権型銀行とポリシーの欠点を回避することができます。このような理由から、DeFi業界は活況を呈しています。

DeFiは、(金融機関とは異なり)ユーザーが自分の資産を完全にコントロールできる透明性を向上させます。さらに、ほぼ即時の資金移動が可能であり、(富裕層だけでなく)誰でも利用できます。

DeFiの用途のひとつに貸借がありますが、DeFiを通じた貸借には、スピード、取引コストの低さ、誰でも簡単に利用できる、参加者がより多くの利益を得ることができるエクイティ性などの利点があります。

しかし、業界の急速な革新に伴い、数ある選択肢の中からステーキングに適したDeFiプロトコルを選び出すのは、かなり困難な作業となる可能性があります。流動性プールが安全かつ確実で、貸付プロトコルが最高のリターンを提供するものを選ぶには、勤勉さと綿密なリサーチが必要です。多くの場合、最も収益性の高いプロジェクトが最も危険であるように思われます。

LYRAチームは、2022年から2024年までの明確な計画を立てており、分析データの収集、分析ツールの開発、LYRAの開発を行う予定です。2022年にはLYRA DeFiのステーキングプロトコルが開始され、次の2年間はトークン、借入と貸付機能、マルチチェーン分散型取引所など、複数のアップグレードと追加機能が提供される予定です。LYRAを使えば、DeFiのポートフォリオを管理し、最大化することができ、最小のリスクで最高のリターンを得ることができます。

ウェブサイト: https://lyralab.io/

Media Contact
Reiner Hutchinson, PR Manager, LYRA
E-Mail: Reiner.Hutchinson@lyralab.io
Website: https://lyralab.io

SOURCE: LYRA

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:0357911821
□担当者名
 小林