インド衣料やホームファニシング製品を日本市場へ=今年5月の記者会見で-インド貿易振興局(ITPO)

2018年07月13日(金) 22:09:43

今年5月にインド貿易発展局(ITPO)5月に大阪および東京にて記者発表会を行い、「第39回インド衣料品展&第29回インド家庭用品展」の開催を発表、いよいよ展示会が開催される(会期:7月18日(水)~20日(金)/会場:マイドームおおさか)

今年5月にインド貿易発展局(ITPO)は、大阪(5月25日(金)・ホテルニューオータニ大阪)、および東京(5月28日(月)・ザ・プレイスオブ東京)にて記者発表会を行い、「第39回インド衣料品展&第29回インド家庭用品展」(会期:7月18日(水)~20日(金)/会場:マイドームおおさか)の開催概要を発表。いよいよ展示会が開催される。

出展者は約100社。展示製品は、紳士服、婦人服、子供服、アクセサリー、衣料用生地、インテリアファブリック各種、べッドリネン、テーブルリネン、キッチンファブリック、カーテン、クッションカバー、ラグ類など。日本マーケットのトレンドを予測した新デザインも多彩に展開される予定。また今回より、シルク製品も紹介される。

ちなみに、インドの繊維産業は、インド全体の輸出量の13%を占める基幹産業であるが、対日輸出は中国、ベトナム、インドネシア、バングラディシュに次ぐ第5位で、2011年2月の日本インド経済連携協定(CEPA)締結以降、繊維製品関連の関税が撤廃されたことで増加傾向にはあるものの、そのシェアは1.27%にとどまっている。主にインド製品の品質に対する不安感を持つ日本企業が多いことが原因だが、それを受けてインド政府は、昨年に(一社)日本繊維製品品質技術センター(QTEC)と覚書を交わし、インド企業に日本品質への対応を指導したとのこと。今回は覚書を交わして以降、はじめての開催ということで品質面での向上が注目される。

なお展示会場では、通訳サービスが無料で受けられる他、バイヤーラウンジ、WIFI設備が完備、また専用のモバイルアプリにより、出展企業の情報や出品製品を簡単に確認できる。入場は事前登録で無料。


【関連URL(パソコン用)】
 http://itpoigfihfosaka.jp/

【関連URL(携帯用) QRコード】

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
【お問合せ先】
□会社名
 日印国際産業振興協会
□住所
 〒1040005
 東京都東京都港区新橋6-9-2
□電話番号
 TEL:0357335068
□FAX番号
 FAX:03-5733-5047
□担当者名
 松浦