中国「化学物質環境リスク評価及び管理条例」及び「新規化学物質環境管理弁法」の説明セミナー 10/2(水)[東京]

2019年09月20日(金) 09:45:16

9月2日に中国はWTO(世界貿易機関)に「新規化学物質環境管理弁法」及び「化学物質環境リスク評価及び管理条例」を通知いたしました。ハニカム・テクノリサーチ株式会社(千代田区、代表取締役社長:陳梅官)は10/2(水)に以下の内容でセミナーを開催します。

「化学物質環境リスク評価及び管理条例」及び「新規化学物質環境管理弁法」の説明セミナー 10/2(水)[東京]


今回の9月2日の通知において、「新規化学物質環境管理弁法」に関しては意見募集稿と通知文への差異は認められなかったものの、今年1月に中国国内で発表された「化学物質環境リスク評価及び管理条例(意見募集稿)」と今回のWTOに通知されたものには大きな差異があります。
この差異は当該管理弁法と条例の整合性を確保する方向で生じたものであり、これからの中国の化学物質管理制度が示されたものとなっております。
また、既にWTOに通知された段階であるため、早い段階で当該法規が施行される可能性が高まってまいりました。

弊社では、9/17~9/19に実施される生態環境部主催の2019年新規化学物質環境管理研修に参加し、当該法規に関する意見等の情報収集を行います。
今回のセミナーでは、意見募集稿とWTO通知文との差異を解析し、今後の日本企業における影響を考察しつつ、当該研修の内容について解説いたします。

来年からの日本の化学企業の中国での活動に大きく影響を及ぼすため、当該法規について正確かつ丁寧に説明させていただきます。ぜひご参加ください。

なお、今回のセミナーにつきましては、同業者の方の参加はお断り申し上げます。


【講師】中川理緒 / ハニカム・テクノリサーチ(株) コンサルティング事業部 部長

【日時】2019年10月02日(水) 13:30-16:30 (開場 13:00)

【要旨】
 1.「化学物質環境リスク評価及び管理条例」の概要
 2. 意見募集稿との差異
 3.「新規化学物質環境管理弁法(修訂)」の概要
 4. 日本企業の対応とまとめ
 5. 質疑応答

【場所】連合会館201会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)

【アクセス】

 1.JR中央・総武線 御茶ノ水駅下車(聖橋口)、徒歩5分
 2.東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B3出口)、徒歩0分
 3.東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅下車(B3出口)、徒歩4分※(B3出口まで徒歩5分)
 4.都営地下鉄新宿線 小川町駅下車(B3出口)、徒歩2分※(B3出口まで徒歩3分)

 ※B3a出口は、違う方向へ出ますのでご注意ください。
 https://rengokaikan.jp/access/index.html

【受講料】1名につき25000円(消費税別、資料代・お茶代込)
*ケミスパート会員に登録していただくと、お得な会員価格【無料会員は2000円引き(登録日より年間5回まで)、正会員は5000円引き(共通チケットの使用で年18回まで)】でセミナーにお申込みをしていただけます。


主催:ハニカム・テクノリサーチ株式会社
お申込:https://www.honeycomb-tr.com/Seminar/1348

【お問合せ先】
□会社名
 ハニカム・テクノリサーチ株式会社
□住所
 〒101-002
 東京都東京都千代田区外神田2-2-18 東信御茶の水ビル6階
□電話番号
 TEL:03-5207-2922
□担当者名
 塩野谷