Bitmexと麦迪森の連携 最大の仮想通貨上場交易所が来たのか?

2018年12月18日(火) 00:06:04

最近、香港に上場しているマディソングループ(8057.HK)は、連続的に2つの適時開示を公表しました。その裏では、仮想通貨業界で最大の取引所であるBitMEXの影をはっきり見えますが、果たして何があったでしょうか?

東京, 2018年12月17日 – (Media OutReach) – 最近、香港に上場しているマディソングループ(8057.HK)は、連続的に2つの適時開示を公表しました。その裏では、仮想通貨業界で最大の取引所であるBitMEXの影をはっきり見えますが、果たして何があったでしょうか?

マディソングループが12月9日に発表した最初の適時開示は、実は11月20日に公表された売買契約の成立です。当時、子会社のMadison Lab Limitedは、日本の仮想通貨交換所であるBitOceanの株式を67.2%取得する予定を開示し、マディソンの株式は、同日、40%上昇しました。数日後、マディソンの買収事項は、ほとんど株価を引き上げた後で失敗すると指摘されました。年初にあった、マディソンは日本で登録された仮想通貨交換所BITPointの株式20%を取得する契約を締結しましたが、数か月後に中止されました。

しかし、実際の理由はマディソンがBITPointの収益力に対して、疑問を持っていたため、この取引を終止したそうです。それにしても、その半年後、仮想通貨市場が明らかに悪化しているのに、なぜマディソンはまだ前回よりさらにブランド力が低い取引所を買収しようとするのでしょうか?

その事実は数日後に分かりました。12月11日、マディソン・グループはMadison Lab Limitedの持分51%をHDR Cadenza Management Limited(HDR)に売却する潜在契約に関して発表をしました。このでBitoceanの67.2%に対する51%の持分を売却することと同然になります。HDR社の企業構造はBitMEXとほとんど同じで、BitMEXが自己資本を運用することができないことを踏まえると、HDRは実質、BitMEXの法人であることは明らかです。

BitMEXは仮想通貨取引所として、数十億の市場価値を持つ国際企業であり、他の取引所よりも、少なくとも20億ドルの取引量が上回っております。BitMEXはデータの信頼性及びブランド力も他社より遥かに上回っており、今の弱気市場では、先物契約を運用する投資家がさらに増えるでしょう。収益力は仮想通貨価格に影響されにくいです。

そもそもBitOceanのブランド力とポテンシャルもそれほど高くなく、これは恐らく、仮想通貨交換所登録を得るための手段でしょう。予想上では、BitMEXは現有のデリバティブ商品を日本市場に提供し、取引所主体及び取引量を徐々に日本に登録を受けている取引所に移行されます。BitMEXは、ビットコインの先物取引を主にしており、日本の規制基準は、取引所にとっていいことであり、更なる宣伝広告が期待できます。将来、BitOceanのブランドを通して、世界最大の仮想通貨取引所になれるかもしてません。

もう一つの要点として、伝統資本市場の参加者にとって、仮想通貨市場はいくら成長したとはいえ、投資顧問会社、年金ファンド、投資銀行からの投資は未だ少ない理由は、公的機関からの監督、取引所のセキュリティ対策が未だ不充分です。BitMEXは仮想通貨先物取引所として、ITセキュリティ及び専門知識が既に所持しており、この仮想通貨登録を手に入れたら、もっと機関投資家の信頼を得られるでしょう。マディソンにとっても重要なエントリーポイントになります。

実際、マディソンも今回の取引にとって、とても重要な役割を果たしています。元々高級ワイン取引を主要ビジネスとして立ち上げた上場会社が、2017年、CVP Capital Limited及びCVP Asset Management Limitedを取得し、様々の金融サービスを提供できるフルライセンスを手に入れました。その続き、2018年、高度な電子演算技術を持つDiginex High Performance Computing Limitedを買収し、仮想通貨マイニング及び次世代のレンダリング処理技術を持つようになって、フィンテック事業に参入し始めた。さらに、マディソンはオックスフォード大学のThe Blockhouse Technology Limitedともジョイントベンチャーを設立してあって、ブロックチェーン関連のアドバイザリーサービスも提供しており、フィンテック企業として、イメージを確立しています。もし今回の取引が成功すれば、マディソンのこれからの進展、更なる期待できるでしょう。

Media Relation
info@globalnewsonline.info

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林