Synergy Pharmaceuticalsの新たなヘルペス治療は希望をもたらし、製薬業界で議論されている

2020年04月16日(木) 16:32:23

オーストラリアの研究および製品開発会社であるSynergy Pharmaceuticalsによって発明される治療法は、ヘルペスを治癒可能かもしれない。

単純ヘルペスを発症する人にとって、これからの人生には薬を飲まなくてはいけないと見なされる。しかし、オーストラリアの研究および製品開発会社であるSynergy Pharmaceuticalsによって発明される治療法は、ヘルペスを治癒可能かもしれない。そして、この医学的進歩のニュースはSynergyに評判させていると共に、医学界内に批判させている。

若い企業からの新しい希望と論争
以前の医薬品試験はヘルペスウイルスのワクチンの発見に主に取り組んでいるが、Synergy Pharmaceuticalsは既存のヘルペス患者へ全体的な解決策の発見に取り組んでおり、今までのない結果を生み出した。

同社は、L-リジン、トリビュラス、レンゲ、ロディオラ、およびユニークなアミノフォーミュラから作られたコンビネーションヘルペストリートメントを使用した。天然成分の特別な組み合わせがT細胞を生成し、ヘルペスのウイルスのエンベロープを破壊し、ウイルスを消去するまで弱めた。本質的に、組み合わせ薬剤治療法は細胞間感染を防ぎ、ウイルスの全体的な活動を抑制できる。

Synergy Pharmaceuticalsの研究は、テストケースに著しく結果を示すのが72%ある。この研究に参加した患者は数年間発症しており、組み合わせ薬剤を6か月間指示されたとおりに摂取した。

組み合わせ薬剤治療法は、従来の抗ウイルス薬や既知のワクチンよりも効果的であることが判明した。そして、最初の研究の結果を初めて発表して以来、Synergy Pharmaceuticalsは、組み合わせ薬剤治療法を公開し、その結果も同様に楽しんでいた。

ただし、業界に数年しか存在しないSynergy Pharmaceuticalsは、医療業界という海にいる小さな魚である。同社は大きく前進させ、競争の激しい製薬市場で足場を固めている。その単純ヘルペスウイルスの画期的な組み合わせ薬剤治療法は、主要な医師会を含む多くの専門家の注目を集めている。

当然のことながら、Synergy Pharmaceuticalsがその製品の世界的な需要に対応する能力についての懸念が広がっている。これらの心配は理解可能であり、簡単な解決策がある。その能力を強化するために、Synergyはヨーロッパのセクター全体で強力なパートナーシップを形成する必要がある。また、何百万人もの消費者にスケーラブルなレベルの売上を達成する。Synergyのビジネスを買収してサポートする必要がある企業が増えていることで、Synergyは事業収益を新たな高みに引き上げ、批評を収められる。

一部の批判は、薬の有効性から倫理的な心配ではなく、製薬ベースではない医薬品を採用することに対する業界全体の消極的考えから生じている。それは医学界が自然療法の健康への影響を認めることを拒否する古くからの論争である。一般的なウイルス性疾患の潜在的な治療法を議論する際に、紛争されている。もちろん、ジョシュ・ブルーム(Josh Bloom)、ワイス(Wyeth)、ファイザー(Pfizer)のような批評家は、長年の経験を考えると、驚くことではない。ジョシュ・ブルーム(Josh Bloom)がずっとワクチン研究の支持者であり擁護者である。またこの研究が最近米国連邦刑事捜査に持ち込まれた。

他の治療法のたくさんの失敗
様々な治療法の競争において、Synergy Pharmaceuticalsは他の会社が達成できなかった多くの成果も達成した。

バイオ医薬品製品の開発者であるVical Incorporatedは、単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)の治療を目指して2017年に臨床試験を開始した。この研究は二重盲検、プラセボ対照、無作為にグループを分けるというやり方で操作された。そして研究グループは与えられた年に4-9回の再発を経験したヘルペス患者で構成された。それは希望に満ちているように見えた。しかし、2018年6月、Vicalは研究が失敗したと発表した。試験参加者は、試験期間中の再発の著しく減少を認めなかった。悲しいことに、この研究の残念な結果に基づいて、VicalはHSV-2プログラム全体を終了することを決定した。

ワクチンと免疫療法の会社であるGenoceaは、性器ヘルペスの治療法を発見することを目指して、GEN-003医薬品試験を開始した。しかし、2017年9月、GEN-003プログラムは閉鎖され、Genoceaはその労働力を約40%削減した。同社は公式のプレスリリースで、GEN-003プログラムの「戦略的代替案を模索している」と語った。 Vical Incorporatedのように、Genoceaも失敗した。

医学研究会社Rational Vaccinesは希望を再燃させた。2016年には、HSV-1とHSV-2を同時に治療する生ワクチンTheravaxの医薬品試験の実施に成功したことを発表した。 Rational Vaccinesは、イリノイサザン大学のウィリアムハルフォード(William Halford)教授が2007年からヘルペスの治療に取り組んでいる研究結果である。Halfordは自分の研究に資金を調達できなかったため、FDAの承認なしに医薬品試験を実施した。彼の試験で3人の患者が治療に副作用を示し、会社を訴えた。それで、FDAはRational Vaccinesの犯罪捜査を発表した。したがって、Rational Vaccinesによって画期的な進歩があったにもかかわらず、ジレンマに陥っている。

近年非常に多くの失敗例が公表されているため、批評家はSynergy Pharmaceuticalsが成功できるかどうかを疑うだろう。しかし、説得力のある研究結果と市場での受け入れにより、同社は成功した。

組み合わせ薬剤治療法がより広く利用可能になるにつれてSynergy Pharmaceuticalsとその利害関係者がどのように影響を受けるか。1つの選択肢は大手製薬会社による合併されるかもしれない。抗ウイルスの収益を2倍にすれば、大手がSynergyを買収して、ビジネスへの脅威を排除しする。

「私たちは多くの挑戦や不正に直面していますが、革命的なものを提供できると信じでいます。」CEOであるサイモンアンダーソン(Simon Anderson)が語った。

何が起こっても、Synergyが数百万人の患者の生活を改善し、また製薬業界に大きな変革を引き起こすかもしれない。

Synergy Pharmaceuticals
Media@synergy-pharmaceuticals.com

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都港区南麻布
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林