教会の使命と発展の方法とは?200名以上の牧師・記者と懇談会を開催-新天地イエス教会

2023年08月29日(火) 20:22:58

聖書を基準とした教界発展の方向を議論するための牧師·ジャーナリスト懇談会が大規模に開かれ、教界の注目を集めています。

新天地イエス教あかしの幕屋聖殿(以下、新天地イエス教会)は2023年8月18日、清平新天地平和研修院で「韓国教会が進む道 2部」懇談会を開き、牧師とジャーナリストを招待しました。この懇談会は、7月19日に開かれた1次懇談会に続く2次懇談会で、幅広いコミュニケーションの場を用意しました。

ジャーナリストと牧師など200人余りが参加し、「神様の目的12枝派」という主題で開かれたこの日の懇談会で、新天地イエス教会イ·マンヒ総会長(以下、イ総会長)は、韓国教会が進むべき道をテーマに聖書全般を説明し、今日の教会の使命について言及しました。

イ総会長は牧師たちに対して「私たちは信仰したので(聖書の御言葉を)完璧に知っていかなければならない」として「知らない人を教えてこそ道理」と今回の懇談会の趣旨を説明しました。

続いて「真理の中に入って一つになろう」としながら「(理解できないことや気になることがあれば)いくらでも対話や手紙を書くことで尋ねることができるのに、聞かずに非難するのは正しくない」と伝えました。

イ総会長の講演に牧師たちは終始集中する姿を見せ、 さまざまな牧師が内容を書き留めながら傾聴し、時々「アーメン」で応える牧師も多く見受けられました。

イ総会長は決められた質疑応答の時間を過ぎても、一般聖徒の説教、既成教会との御言葉交流協約(MOU)など牧師とジャーナリストからのすべての質問を受け止め、積極的に対応しようとする意志を示しました。

韓国教会の低迷と関連して、新天地イエス教会との共生および発展方法は何かという質問に対してイ総会長は「基本的に信仰人ならば聖書の御言葉を伝えられる資格がなければならない」とし「牧師たちも啓示するために御言葉を完全に悟り、自分の信徒に教えるならばいくらでも発展できるだろう」と答えました。

また、既成教会の聖書教育の水準について、イ総会長は「信仰者が学び、感じて、知るべきことは、ひたすら聖書」と強調し、「このため新天地イエス教会は老若男女誰もが啓示録を心に記録し、歩く聖書になるために教えて学んでいる」と付け加えました。

さらにイ総会長は「牧師ならば聖書と啓示録を教えてこそ、自分の使命を全うすることができる」と改めて強調しました。

現在、神学大学院教授として在職中の現職牧師が発言者として出て、今回の懇談会の意味をつけ加えました。
発言者は「現在、韓国キリスト教界は、世の中をより良く変化させなければならない本来の使命を忘れたまま利益活動に没頭している」とし「私が教える神学生たちが、将来出ていかなければならないところがこのような教界だと考えると、教育者として暗く不安な気持ちだった」と言及しました。

続けて発言者は「新天地イエス教会とMOUを結んで御言葉の交流をしながら悩みが解決された。 新天地イエス教会の啓示の御言葉は答えが確実で、非常に現実的であり、常に同じである」とし「神学大学院教育課程に新天地イエス教会の啓示の御言葉課程を新設し、神学生をこの御言葉で育成することが目標となった」と述べました。

また、この日の行事では特別に満11歳の新天地イエス教会幼年会員がマタイの福音書13章「種と収穫」という主題で直接説教をする時間も用意されました。
最近、新天地イエス教会では毎週水曜礼拝ごとに一般聖徒による説教が行われているだけに、小学生も流暢な説教が可能であることを出席した牧師とジャーナリストに直接披露しました。

出席した牧師たちは幼年会員の説教に感嘆しながら、聖書を一緒に読んで答えながら没頭する姿を見せました。また、多くの牧師が多くの牧師が内容を書き留めながら聞くなど、年齢と経歴に関係なく聖書の御言葉で一つになる時間が作られました。説教が終わると、牧師たちから歓呼と拍手が沸き起こりました。

新天地イエス教会関係者は、この日の懇談会と関連して「牧師とジャーナリスト、新天地イエス教会が共に韓国教会の現実を認識し、変化と発展の方向について共感する時間になったと見ている」とし「新天地イエス教会は今後も教団教派を超えて御言葉基準で交流し、教界に新しい文化を速く広めることができるよう努力する」と明らかにしました。

一方、2023年8月現在、新天地イエス教会と御言葉交流協約(MOU)を締結した教会は、世界80カ国8,765教会あります。33カ国1,263教会は自発的に新天地イエス教会に教団加入を申請し、国内外の牧師2800人余りが啓示の御言葉を学んでいます。 一般聖徒まで合わせれば、現在約11万9000人が受講しており、この傾向通りなら今年も10万人以上の修了が予想されます。

2次懇談会(韓国語のみ)
https://youtu.be/e8SG–8TrUM?si=gsn8ZjKQI7-deSEM

▼参考記事・動画
「神様の中で私たちは一つ」新天地イエス教会の御言葉が世界に広がる理由とは(1次懇談会)
http://open-press.info/release/industry_trend/76053.html

1次懇談会(韓国語のみ)
https://youtu.be/VYVAIZh281M?si=avqx2N9fHuAZ1ijn

10万修了式(2022年)
https://www.youtube.com/watch?v=9_CCTMiBg1E

■公式サイト&YouTube視聴のご案内
<新天地イエス教会公式サイト(日本語)>
https://www.shincheonji.org/

<新天地イエス教会の公式YouTubeチャンネル(日本語)>
これまでの御言葉大聖会を日本語通訳付きで視聴することができます。
https://www.youtube.com/@ShincheonjiChurch_jp

<大阪教会のYouTubeチャンネル>
これまでに配信した講義内容を日本語資料付きで視聴することができます。
https://bit.ly/youtuOsakaCH


■MOU(基本合意書)締結のご案内
現在、新天地イエス教会は80カ国で8,700ヶ所以上の教会および神学校とMOUを締結しております。
新天地イエス教会の聖書教材の提供、ならびに講師の派遣を無償でいたします。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
scj.osaka@gmail.com

——————————————————————
新天地イエス教会アンデレ枝派大阪のブログには、新天地での活動や関係する記事を掲載しています。
https://ameblo.jp/scj-osaka/entrylist.html
——————————————————————

■問い合わせ先
新天地イエス教あかしの幕屋聖殿 大阪教会
scj.osaka@gmail.com

【関連URL(パソコン用)】
 https://www.shincheonji.org/

【関連URL(携帯用) QRコード】

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
【お問合せ先】
□会社名
 新天地イエス教証拠幕屋聖殿
□住所
 〒5420012
 大阪府大阪市中央区谷町7丁目1-39-313
□電話番号
 TEL:0672222325
□担当者名
 堀川