2018年第2四半期 国際貿易の前向きな見通し 日本・韓国が牽引

2018年04月13日(金) 12:23:35

世界をリードするロジスティクス企業であるDHLよりリリースされたグローバル・トレード・バロメーターの報告書では、好調なアジア経済が翌四半期の国際貿易の成長を牽引するだろうと分析されています。

世界をリードするロジスティクス企業であるDHLよりリリースされたグローバル・トレード・バロメーターの報告書では、好調なアジア経済が翌四半期の国際貿易の成長を牽引するだろうと分析されています。このグローバル・トレード・バロメーター(人工知能、ビッグデータを駆使することにより算定される国際貿易成長に対する早期指標)では、アジア4大経済大国全体に対する前向きな見通しを予測しています。

グローバル・トレード・バロメーターの分析結果から、韓国および日本の貿易が大幅な成長加速の軌道に乗るとともに、インドおよび中国が世界経済大国のなかでも最高水準の成長率を維持することが示されました。アジア地域における海上貨物輸送成長率の大幅な上昇および、アジアを先導する経済において航空貨物輸送成長率が安定的もしくは上昇傾向にある背景には、工業原料、資本設備、機械の増加による大きな影響があると考えられます。この状況はアジアのインフラ、製造業、国内消費が長期的に成長する可能性を示唆しています。

「アジア経済は近年見られない新たな成長段階に向け上昇しています」と、DHL Global Forwardingアジア太平洋地区CEOのケルビン・レオンは述べています。「DHLグローバル・トレード・バロメーターの最新の分析結果から、アジアにおける貿易のファンダメンタルズ(基礎的条件)は、実際にアジア最大の貿易相手国においても、堅調さを維持し、短期的に楽観的な見方がされていることが浮き彫りになりました。これはとりわけ同地域で成長著しい消費者向け製造・生産に直接関わる産業で顕著です」

日本では穏やかな貿易成長が予測されており、引き続き企業の前向きな業績見通しが続くことが示されています。同国最大の成長部門は陸上車&部品および機械で、両部門ともに翌四半期に航空海上貨物輸出量の増加を牽引すると期待されます。「日本は経済の成熟度および、自動車製造業などにおける世界トップレベルの強みを誇り、世界で急成長を遂げる自動車市場のサブ地域を含め[1]、生活が豊かになったアジア消費者の進化する需要に対応する上で有利な立場にあります」と、日本の代表取締役社長、北アジア地区CEO、バリューアディドサービシーズ アジア太平洋地区統括本部長を兼任するチャールス・カウフマンは述べています。「一方、最大の輸入品である工業原料やファッション関連消費財等、海外商品に対する日本の需要があるため、アジア隣国と強力な双方向貿易を維持することが経済的、戦略的に重要な優先事項になってきています」

「DHLグローバル・トレード・バロメーターの最新の分析結果では、全体として、世界的な自由貿易を巡る不確実性にもかかわらず、経済成長と相互接続性により、力強い景気回復の動きが維持されたことが明らかになりました」と、レオンは加えて述べています。「また、アジア経済が世界の他地域とどれほど相互接続されているかを強調しています。アジア地域の成長が続くためには、あらゆる環境で物流と貨物輸送インフラが信頼性を提供するだけでなく、ますます多様化し、成長率が変動する産業にも対応できなければなりません」

DHLとアクセンチュアが共同開発したDHLグローバル・トレード・バロメーターは、経済大国7ヵ国(中国、韓国、ドイツ、インド、日本、イギリス、アメリカ)の輸出入データを勘案し、未来の貿易動向を四半期ごとに提供するものです。この7ヵ国の輸出入量合計は世界貿易の75%超を占め、そのデータを集計することにより、国際貿易の効果的な短期予測指標とすることができます。今後の工業生産の基盤となるコモディティを評価する本指標では、向こう3ヵ月、国際貿易はわずかに勢いを失うものの引き続き成長すると予測しています。

全文レポート: http://release.media-outreach.com/i/12056

DHL — 世界のロジスティクス企業

DHL はロジスティクス業界のグローバルにおけるリーディングブランドです。グループの各部門が提供するサービスは、他社の追随を許さない広範囲なポートフォリオを構成しており、国内および国際小包配達から、eコマースの受注・商品配送、国際エクスプレス、陸上、航空・海上輸送、産業サプライチェーンマネジメントにまでおよびます。世界220以上の国・地域で36万人の従業員が、人々やビジネスをしっかりと確実に繋ぎ、グローバル貿易のフローを支えています。テクノロジー、ライフサイエンスやヘルスケア、エネルギー、自動車、そして小売りなどの産業、成長市場向けの特別なソリューション、これまでの社会的責任へのコミットメント実績および発展市場における強固な事業基盤から、「世界のロジスティクス企業」と明白に位置付けられています。

DHLは、ドイツポストDHL傘下のブランドで、グループ全体の2017年の売上は600億ユーロ超に達します。

メディア関係者向け連絡先:
DHLアジア太平洋及びEEMEA(東ヨーロッパ、中東及びアフリカ)
広報担当責任者
ベリンダ・タン(Belinda Tan)
電話番号: +65 6771 3332
Fax番号: +65 6771 3322
Eメール: apeemeamediarelations@dhl.com

[1] https://bit.ly/2JIjFkj

【お問合せ先】
□会社名
 JCN株式会社
□住所
 〒1060047
 東京都東京都港区南麻布4-14-2 南麻布ビル3階
□電話番号
 TEL:03-5791-1821
□担当者名
 小林