フリービット、ヘルステック事業の拡大に向けて、医療施設向けデジタルサイネージ事業の医療情報基盤を買収

2017年06月30日(金) 14:00:55

フリービット株式会社は、医療施設におけるデジタルサイネージの開発・運営を展開する株式会社医療情報基盤の買収を本日決議しました。フリービットが注力するヘルステック事業の拡大に向けて、8月よりフリービットグループとして事業を開始する予定です。

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 伸明、以下「フリービット」)は、医療施設におけるデジタルサイネージの開発・運営を展開する株式会社医療情報基盤(本社:東京都港区、代表取締役社長:前浜 隆広、以下「医療情報基盤」)の買収(以下、「本買収」)を本日決議しました。フリービットが注力するヘルステック事業の拡大に向けて、8月よりフリービットグループとして事業を開始する予定です。

医療情報基盤は、“病院、介護施設様の経営品質の向上に貢献する”をミッションに掲げ、北海道から沖縄まで全国の300床以上の医療施設約120施設に設置したデジタルサイネージ「MEDIP VISION (メディップビジョン)」を基盤として、医療施設に対してソリューションビジネス、広告ビジネス及びコンテンツビジネスを展開しています。加えて、高齢者の安否確認サービスや医療施設向けエコシステム等のヘルステック事業を幅広く展開しています。

フリービットは、本買収をフリービットグループの中期事業方針「SiLK VISION 2020」における注力テーマ「生活革命」領域の中核であるヘルステック事業の拡大に向けた戦略的投資と位置づけ、「Health Tech」市場における事業規模の拡大と展開の加速化を企図しております。

本買収により、フリービットグループの株式会社フリービットEPARKヘルスケアの薬局予約サービスをはじめとした、医療施設と相関性が高いヘルステック事業の認知度向上と展開の加速化を図ります。フリービットにおいては、医療情報基盤のデジタルサイネージシステムの継続開発及びそのネットワーク提供を行い、株式会社フルスピードはデジタルサイネージの設置環境に合わせた効率的な動画広告配信を行うことで、医療情報基盤のデジタルサイネージ事業のさらなる拡大を図ります。

フリービットグループと医療情報基盤の事業シナジーを最大化することで、フリービットグループのさらなる事業拡大を図るとともに、ヘルスケア市場における事業の拡大とシェアの獲得を推進してまいります。

■医療情報基盤について
社名:株式会社医療情報基盤
代表者:代表取締役社長 前浜 隆広
本社所在地:東京都港区芝3-4-12 廣済堂芝園ビル 2F
設立年月日:2010 年6 月1日
資本金:1,000 万円
事業内容:医療機関におけるデジタルサイネージ設置、運用
URL:http://www.medip.co.jp/

以上

※ すべてのブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークは各社に権利が帰属します。

【フリービット株式会社について】
フリービットは、インターネットをひろげ社会に貢献することを企業理念に掲げています。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと、市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせて独自のネットワークサービスを展開し、「IT時代のものづくり」をキーワードに新たな価値を創造するソリューションを提供しています。

【報道関係者からのお問い合わせ】
フリービット株式会社 グループ経営管理本部 広報担当
Mail:press@freebit.net 電話番号:050-7535-0524

【関連URL(パソコン用)】
 http://freebit.com/

【お問合せ先】
□会社名
 フリービット株式会社
□住所
 〒1500044
 東京都渋谷区円山町3-6
□電話番号
 TEL:050-7535-0524
□担当者名
 広報担当