Microdasys社と輸入販売契約締結 「SCIP」販売開始

2009年10月22日(木) 10:35:56

先端技術研究所は、米国Microdasys社との輸入販売契約を締結し、SSL コンテント プロクシ ソフトウェア製品「SCIP」の販売を開始した。既存セキュリティ製品でこれ迄問題となっていたSSL暗号化のソリューションである。

Press Release: 2009-10-22


先端技術研究所
Microdasys社と輸入販売契約締結 「SCIP」販売開始
SSL コンテント プロクシ ソフトウェア
既存セキュリティ製品のSSL問題を復号化/再暗号化により解決

有限会社 先端技術研究所(Advanced Research of Technologies, Inc.、http://www.ART-Sentan.co.jp/、本社: 横浜、電話: 045-978-1292、社長: 工藤 安信)は、米国Microdasys(マイクロデイシス)社との輸入販売契約を締結し、SSL コンテント プロクシ ソフトウェア製品「SCIP」の販売を開始した。今回の契約は、世界各国のセキュリティ製品をディストリビュータとして販売してきた先端技術研究所の長年の経験および市場基盤と、世界への市場拡大を目指すMicrodasys社の思惑が合致したものである。SSLで暗号化されたメールやWebアクセス等既存のセキュリティ製品でこれ迄問題となっていたセキュリティのソリューションを、日本市場に提供していく。

インターネット利用には、クラウド コンピューティングやEコマースを始めとして、機密データを保護するためのSSL暗号化が不可欠となっている。ところが、SSL暗号化は、クライエントとSSLサーバの間に制御不可能なトンネルを作り出してしまい、インターネット犯罪者に企業の セキュリティ スキャナやポリシィを迂回するための極めて容易な攻撃方法を与えてしまう。また、企業内部の人間にとっては、SSLを使うことで自分独自の “黒いVPN” を作り出し、検知されること無く世界中のあらゆるシステムと送受信することが可能となる。

SCIP SSL コンテント プロクシは、インターネット上の敵対的あるいは信用できないSSLホストに対する企業規模での保護を即時にゲートウェイにおいて実現し、企業の セキュリティ ポリシィをSSLにより迂回しようとする企業内部の人間を効果的に阻止する。SCIPは、市場初の SSL コンテント プロクシとして、信用できないディジタル証明書によるSSLサーバへのアクセスを自動的に検出、阻止し、アンチウィルス、データ漏洩保護、その他の コンテント セキュリティ スキャナによる検査のためにデータの流れを復号化し、検査後再暗号化する。

SCIPの主な機能は、企業検証局(有効期限、URL一般名一致、失効状況、信頼できる発行者等によるディジタル サーバ証明書の検査と検証)、SSL復号化/再暗号化(既存の コンテント スキャナによるSSLデータの検査、SSLおよび非SSL Webトラフィック両方への同一の セキュリティ ポリシィの適用)、インシデント管理(容易な例外処理とホワイトおよびブラックリスト作成のための幅広い管理)、クラスタ サポート(複数のSCIPサーバの集中管理、証明書の集中発行と管理、固有の インシデント チケットIDの生成)等である。

SCIPは、小規模から大規模かつ複雑なネットワーク基盤に容易に統合可能なように設計されており、コンテント セキュリティ機器とは、プロクシ、ICAP、WCCPによる接続が可能である。均一な統合と相互運用性を確保するため、主要な コンテント セキュリティ機器とのテストが継続的に行われている。

SCIPの利点としては、ゲートウェイにおける全てのサーバの認証、期限切れ、取消し、自己署名等の証明書を使ったSSL暗号化Webサーバへのアクセスの阻止、ユーザの意思決定権限の削除、コンテント セキュリティ機器による検査のための SSL Webトラフィックの復号化、幅広い管理、ホワイトリスト作成、例外処理、既存セキュリティのROIの最大化等があげられる。

SCIPは、プロクシ、ICAPサーバ、WCCPのセキュリティ製品との連携が可能である。実際に連携した例としては、Websense、TrendMicro、BlueCoat、Aladdin、Code Green、Content Keeper、iSherrif、Phion、Clearswift、Fortinet等のセキュリティ製品が含まれる。

先端技術研究所では、メーカ、流通、システム インテグレータ等を経由して販売を行う。

■ SCIP(SSL Content Proxy) http://www.art-sentan.co.jp/microdasys/scip.htm

■ Microdasys Inc. http://www.microdasys.com/

Microdasys社は、2002年に設立され、SSLコンテント検査のパイオニアであり、特許出願中の XSG XML セキュリティ ゲートウェイの開発者でもある。米国ラスベガスに本社を置き、セキュリティに焦点を絞ったリセラーやディストリビュータの世界中のネットワークを通じて製品の販売とサポートを行っている。

■ 先端技術研究所 http://www.ART-Sentan.co.jp/

先端技術研究所は、本社を横浜に置き、情報技術(IT)分野における日本を代表する先端技術ハンターである。高度な問題解決力、基礎から応用までの豊富な技術力、長年の業界経験と事業実績、米国、ヨーロッパ、イスラエル等との幅広い人脈、強力な国内販売チャネルを差別化として、海外のソフトウェア製品の日本市場への輸入販売等、多方面の事業を行っている。
045-978-1292、KHB16427@nifty.ne.jp


【関連URL(パソコン用)】
 http://www.ART-Sentan.co.jp/

【お問合せ先】
□会社名
 先端技術研究所
□住所
 〒225-002
 神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町473番地30
□電話番号
 TEL:045-978-1292
□担当者名
 工藤 安信