AutoCADと高い互換性を持つ高機能2次元汎用CAD-ZWCAD2010

2010年05月31日(月) 18:24:20

ZWCAD 2010はインタラクティブで、互換性、効率性、カスタマイズ性に優れた、2D及び3D設計のためのCADプラットフォームです。 (AutoCAD2.5~2009までのDWGファイルに対応)

デファクトスタンダードとのより高い互換性を実現
コマンドとエリアス

ZWCADのコマンドやエリアスもAutoCAD®と互換性があります。
ZWCADは、AutoCAD®でカスタマイズしたメニュー、ツールバーやエリアスをMNU、MNSおよびPGPファイルでエクスポートおよびインポートできます。

リソースファイルの互換性

AutoCAD®プラットフォームで使用されるすべてのリソースファイルは、ZWCADで使用可能です。
それは、Windows TTFとAutoCAD® SHXフォントファイル linetype(.lin)ファイル、ハッチパターン(.pat)ファイル、スライド(.sld)ファイル、およびユニット(.unt)ファイルなどです。

       思いついたアイデアを細部まで図面に反映

Flexible Text Placement Options

ZWCADは、マルチラインテキストとシングルラインテキストの両方の機能を提供します。
さらに、テキストスタイルを制限なく設定できるオプションは、ZWCAD 2010のテキストエディタで初めて適用されました。

外部参照機能のサポート

数人のチームで大規模な図面を共同設計するような場合に、個人それぞれの描画ファイルの負荷を軽減した上で、全体図のDWGファイルを外部から取り込むことができます。

ブロックとプロパティ

複数の図形を結合し定義することで、ブロック(シンボル)を作成できます。
結合した図形のコンポーネントを標準化して、他の図面で効率的にそれらを再利用できます。 また、登録番号や、価格設定、詳述などを属性データとしてブロックに添付できます。

ラスターイメージ

古い図面を書き直したり、プレゼン用の図面にラスターイメージを挿入したい時は、BMP、TIF、GIF、JPG、PNG、PCX、またはTGA形式など、多様な種類のイメージを貼付できます。
貼付したデータは、明るさ、コントラストおよび彩色などイメージの変更ができます。
 
                     
ハッチング、グラデーションハッチング

ハッチングパターンは、より速い描画を実現しただけでなく、1色または2色を選べる新しいグラデーションハッチング機能により、美しい表示が可能になりました。

OLE

WordやExcelのほか動画など他のアプリケーションを図面からリンクしたり貼付することができます。

 マルチプルグリップ編集

1度に複数のグリップを選択して編集することができ、さらに、移動、回転、ストレッチなどの編集操作も可能です。
             
                  

                 
       生産性向上のための管理機能 

デザインセンター

デザインセンターによって、設計者自身のローカルマシンや、企業内のネットワーク上に保存されたあらゆるCADリソースにアクセスできます。
設計者は、他の図面からコピーされた寸法スタイルにより、ブロック、テキストスタイル、線種や画層を設計図面に利用することができます。


                
オートトラッキング

オートトラッキングは極トラッキングとオブジェクトスナップ機能の組合せにより、より簡単に一定の角度あるいは他のオブジェクトの情報を参照して、作図できます。ZWCADは自動的に既存オブジェクトの情報を用いて、作図補助線を作成、作図作業は効率的、簡単に、正確にできます。



 上空表示

大きな図面の一部分の設計をするような場合、全体図が別の小さなウィンドウで表示されます。

          
画層とプロパティ

ZWCADは効率的に、容易に画層作成、画層プロパティ管理することができます。
図面にあるオブジェクトの表示、印刷などをコントロールすることができます。
画層機能を使用して、図面表示を見やすくした上で表示効率も改善されています。



クイック寸法

クイック寸法は基準線、継続的な寸法、半径及び直径など、一連の寸法を一気に作成及び編集することができます。この機能は様々なタイプのオブジェクトに対応しています。


クイック電卓

標準的な計算機能に加えて、幾何学的計算機能、ユニット変換計算機能、ユーザ定義変数などのCADに特有の便利な機能が追加されています。

クイック選択

設計者は色、画層の名前、位置などのオブジェクトを自由に設定し選択できます。


        共同設計作業のためのコミュニケーション機能

Publishing and Plotting

異なった印刷スタイルの図面をDWFにすることで1度に印刷できます。
EPSを含むさまざまなファイル形式で印刷できます。



レンダリング

レンダリング機能により、高品質でフォトリアリスティックな、3Dモデルを作成することができます。

e―トランスミット

e―トランスミットは、ユーザー間の情報共有を支援するための便利な機能です。
1つの圧縮ファイルに保存される図面ファイルと関連するすべてのファイルをまとめて、他のユーザーに送信することができます。
DWGファイル、イメージファイル、外部参照ファイル、フォントファイルなどを含めて保存されます。



           カスタマイズとプログラミング

カスタマイズ インターフェース

必要に応じてメニュー、ツールバー、キーボード・ショートカット、およびコマンド別名のようなZWCADのユーザーインタフェースを簡単にカスタマイズすることができます。

 
アプリケーションプログラミング

ZWCADは便利なアプリケーションプログラミングインターフェースを提供します。
LISP(AutoLISP互換)、VBA、SDS(ADS互換)、ZRX(ZWCAD Runtime Extension)などのインタフェースにより、効率的にカスタマイズアプリケーションを開発できます。



          ZWCAD 2010の新機能
 高速化

Memory Optimizationの圧縮処理と最適化によって、CPUとメモリの使用量を低減、演算効率が向上し、特に大きな要素数の図面においても、より早く効率的な作業をユーザーに安定的に提供します。

In-place MTEXT Editor

ZWCAD 2010で、新たに開発されたインプレスマルチテキストエディタは、設計者の作図作業を支援し、より利便性を高めるでしょう。
それは、ワープロソフトのように、自由にテキストのスタイルを調整し、テキスト選択時のキャラクーとパラグラフのフォーマットを設定できます。




     
図面比較機能

ZWCAD2010の最新バージョンには、類似する二つの図面の差異を素早く検出することができる図面比較機能が新たに追加されました。ます。




エンハンス APIs

LISP/ VBA

LISPにVlAXとVIRが追加され、さらに充実しました。
また、VBAのなかにAppendOuterLoopやAppendInnerLoopなどの新しいコマンドが追加されました。ポイントオブジェクトの代わりに、ZWCAD2010が配列を使用し座標を格納することにより、
VBA APIとAutoCADとの互換性が大きく向上しました。
ZRX — Another Powerful Application Programming Interface

ZRXは、ARX互換の新しいアプリケーションプログラミングインターフェース(API)です。
開発者がZRXで直接DWGデータベースにアクセスして、カスタマイズや、ARXアプリケーションのZRXへの移行を可能にする、ZWCADで最も強力なAPIです。

【関連URL(パソコン用)】
 http://www.zwcad.jp/

【お問合せ先】
□会社名
 ZWCAD Software Co., Ltd.
□住所
 〒5106350
 海外Rm.508, No.886, Tianhe North Rd., Guangzhou, P.R. China
□電話番号
 TEL:03-5210-9356
□担当者名
 Peter