AURIXTMTC3xxマルチコアMCUファミリ用の最適化されたデバ ッグ、テスト、およびシステム解析ツールのPLS UDEの販売開始

2017年04月24日(月) 17:04:55

2017年4月24日、ポジティブワン株式会社は、インフィニオン・テクノロジー製AURIXTMTC3xxマルチコアMCUファミリ用の最適化されたデバ ッグ、テスト、およびシステム解析ツールのPLS UDEの販売開始します。

ポジティブワン株式会社は、インフィニオン・テクノロジー製AURIXTMTC3xxマルチコアMCUファミリ用の最適化されたデバ ッグ、テスト、およびシステム解析ツールのPLS UDEの販売を開始いたします。

PLS ユニバーサルデバッグエンジン(UDE)を導入することにより、内部デバッグ機能を完全にサポートし、、最適化されます。インフィニオンの新しいAURIXTMTC3xxマルチコア・マイクロコントローラ・ファミリは、デバッグ、テストにおいて、何の制約もありません。第2世代のAURIXTM世代のマルチコアSoCは、電気、自律型車専用に設計されています。中でも、現在のハイエンド車載マイクロコントローラに比べて処理能力が300%向上しています。スケーラブルなAURIXTMTC3xxファミリに含まれるMCUには、独立して動作する最大16Mバイトの内蔵フラッシュメモリ、6Mバイト以上のRAM、最大6つの32ビットTriCoreTMプロセッサコアを装備できます。

最大300MHzのクロック周波数をサポートする6つのTriCoreコアのうちの4つに追加のロックステップコアが含まれているため、最高安全保証レベル(ASIL-D)を提供するシステムで最高2,400DMIPSの処理性能が得られます。 TC3xxファミリの追加機能には、最大2つの信号処理ユニットを備えたレーダー処理ユニットと、EVITAの「高」の要件を満たす非対称暗号化メカニズムを含むハードウェアセキュリティモジュール(HSM)があります。ゲートウェイおよびテレマティクスアプリケーションのホストコントローラとして使用するため、デバイスはギガビットイーサネットインターフェイス、ISO 11898-1に準拠する最大12のCAN FDチャネル、最大24のLINチャネルもサポートします。

設計者がこの実用的なアプリケーションでこの巨大な複雑さとパフォーマンスを利用できるように、真のマルチコアデバッガとしてのPLS ユニバーサルデバッグエンジン(UDE) はサポートしており、単一のユーザインタフェースからすべてのTriCoreTMプロセッサコアを制御できます。個々の要求に応じて、コアは、従来のランモードのデバッグ、すなわち、ブレークポイントまたはシングルステッピングを使用します。このモードでは、PLS ユニバーサルデバッグエンジン(UDE)を使用すると、デバイスのオンチップデバッグロジックを使用して、すべてのコアをほぼ同期して起動および停止することができます。複雑なアプリケーションのデバッグは、共有コードで使用できるマルチコアブレークポイントによってさらに簡単になります。どのコアがコードを処理しているかにかかわらず、マルチコアブレークポイントは常に動作します。PLS ユニバーサルデバッグエンジン(UDE)内の個々に構成可能なビューは、マルチコアアプリケーションのより良い概要を提供します。PLS ユニバーサルデバッグエンジン(UDE)で提供されている複数のオプションによって、実行時のシステム状態を明確に視覚化できるため、メモリ内のアプリケーション変数を表示することから、ダイアグラムのシステムパラメータを視覚化することまで、作業が簡単になります。包括的なシステムレベルの解析と機能安全の確保のため、UDE 4.7は、AURIXTMTC3xxファミリのマルチコアデバッグシステム(MCDS)を活用したトレースベースのツールを提供します。 MCDSは、TC39xxファミリのいわゆるエミュレーションデバイス(ED)でのみ使用できます。たとえば、これらのツールを使用して死後解析のためのコード実行をトレースしたり、実行時最適化のプロファイリング情報を提供することができます。さらに、PLS ユニバーサルデバッグエンジン(UDE)は適切なテストカバレッジを証明するために必要なコードカバレッジを提供します。

サードパーティのテストツールとUDEの緊密な連携と包括的なスクリプティングは、MicrosoftのCommon Object Model(COM)に基づくPLS ユニバーサルデバッグエンジン(UDE)の高性能自動化インターフェイスによって実現されています。ユニークな機能として、UDEは独自のスクリプト言語とは独立しています。AURIXTMTC39xxマイクロコントローラとの通信は、2つのユニバーサルアクセスデバイス(UAD2proとUAD3 +)に基づいています。適切なアダプターはJTAGインターフェースとインフィニオン独自のDAPインターフェース用に用意されており、厳しい環境条件に対してオプションのガルバニック絶縁が可能です。 UAD2proはMCDSトレース用のオンチップ・トレース・メモリを独占的に使用しますが、UAD3 +内のストレージ用にUAD3 +のAURORAインタフェースを使用して22.5Gbpsまでの大量のトレース・データをチップから読み取ることができます。 この目的のために、UAD3 +内で最大4Gバイトのメモリを使用できます。

【PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH社とは】

PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH(PLS Programmierbare Logik & Systeme GmbH)社は、ドイツ・ラウタに本社を置く、組み込み向け開発ツールのサプライヤーです。インフィニオンテクノロジーズ、STマイクロエレクトロニクス、ルネサスなどのレガシーな半導体から最先端の半導体のためのソフトウェアデバッグソリューションおよび完全な開発ツールを提供します。ポジティブワン株式会社は、日本総販売元として、日本およびアジア市場への販売、サポートを行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL http://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

【関連URL(パソコン用)】
 http://www.positive-one.com

【関連URL(携帯用) QRコード】

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
【お問合せ先】
□会社名
 ポジティブワン株式会社
□住所
 〒1500043
 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティウエスト22F
□電話番号
 TEL:03-3256-3933
□担当者名
 大塚大