Tufin Orchestration Suiteの新機能「ゼロタッチ オートメーション」発表

2017年05月23日(火) 19:42:06

先端技術研究所は、「ネットワーク セキュリティ ポリシィ オーケストレーション」の マーケット リーダであるイスラエル Tufin Software Technologies社「Tufin Orchestration Suite」の新機能「ゼロタッチ オートメーション」を本日発表した。

Press Release: 2017-05-24 http://www.ART-Sentan.co.jp/press/2017-05-24.htm

先端技術研究所
Tufin Orchestration Suiteの新機能「ゼロタッチ オートメーション」発表
Palo Alto Networks 次世代 セキュリティ プラットフォームとの統合が ポリシー コンプライアンスを確保

有限会社 先端技術研究所(Advanced Research of Technologies, Inc.、http://www.ART-Sentan.co.jp/、本社: 横浜、電話: 045-978-1292、社長: 工藤安信)は、「ネットワーク セキュリティ ポリシィ オーケストレーション」の マーケット リーダであるイスラエル Tufin Software Technologies(ツフィン ソフトウェア テクノロジース)社「Tufin Orchestration Suite」(オーケストレーション スイート)の新機能「ゼロタッチ オートメーション」を本日発表した。 Palo Alto Networks(パロ アルト ネットワークス)次世代 セキュリティ プラットフォームを使って、アクセス制限、特権の実施のための LDAP(ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル)ユーザ グループのサポートを提供することで、Tufin Orchestration Suiteを強化した。

この統合により、Tufin、Palo Altoの ジョイント顧客は、セキュリティ グループを使って、ハイブリッドなクラウド環境全体で、マイクロ セグメンテーションを定義、実施できる。Palo Alto Networks Panorama(パノラマ)ネットワーク セキュリティ管理 デバイス グループ ポリシー変更のための「ゼロタッチ オートメーション」、即ち、全く手を掛けない自動化により、正確さ、セキュリティの向上、エラーの提言が可能となった。 本機能は、最新バージョン「R17-1」で提供される。

誰が、何のデータに、何故アクセスしているのかの管理は組織にとって明らかなニーズであるが、懸念となるのは、そのような高度のセキュリティを提供することが組織の生産性をしばしば妨げることである。 Tufin Orchestration Suiteは、ネットワークの接続性を許可、禁止する効率化されたプロセスにより、組織のセキュリティに対する姿勢全体を強化することで、ビジネスのアジリティ、セキュリティを実現する。

Tufin Orchestration Suite、Palo Alto Networks 次世代 セキュリティ プラットフォームにより、ジョイント顧客は、LDAP ユーザ グループを使ってユーザ識別、アプリケーション識別を特定することで、ネットワーク セキュリティ ポリシー管理をさらに自動化することができ、IPアドレス、ポート番号のみを使う場合に比べて、より卓越したデータ保護を実現できる。 また、組織は、セキュアなユーザの移動性を確保できるようになった。

R17-1は、Palo Alto Networks次世代ファイアウォールと LDAP ユーザ グループを使うことにより、他の機能として、プロアクティブな自動化されたリスク分析、自動ターゲット選択、変更設計、自動変更プロビジョニング、検証を提供する。

Tufin Orchestration Suite http://www.ART-Sentan.co.jp/tufin/tufin_orchestration_suite.htm
Tufin Orchestration Suiteは、セキュリティ ポリシー オーケストレーションを実現した製品である。マルチベンダー環境を対象とし、ファイアウォールを始めとする、物理、仮想、パブリックなクラウド環境の一ヶ所からの管理、アプリケーション コネクティビティ レベルからの設定変更自動化を差別化とする、セキュリティ ポリシー オーケストレーションの包括的ソリューションである。ファイアウォール ポリシー、ネットワーク デバイス、クラウド プラットフォームの可視性、変更トラッキング、分析、監査、ファイアウォール変更自動管理、アプリケーション コネクティビティ管理により、企業内の全てのプラットフォームに対して、厳重なセキュリティ姿勢、迅速なサービス供給、規制準拠を保証する。

SecureTrack: 統合ファイアウォール管理 http://www.ART-Sentan.co.jp/tufin/securetrack.htm
SecureChange: ファイアウォール設定変更自動化 http://www.ART-Sentan.co.jp/tufin/securechange.htm
SecureApp: アプリケーションからのコネクティビティ/ポリシー管理 http://www.ART-Sentan.co.jp/tufin/secureapp.htm
Tufin Orchestration Suiteは、これらのスイートとして構成されている。

先端技術研究所では、メーカ、流通、システム インテグレータ等経由、および一部直接の販売を行う。

Tufin Software Technologies http://www.tufin.com/
Tufin社は、2005年に設立され、本社をイスラエルの Ramat Gan(ラマットガン)に置いている。

先端技術研究所 http://www.ART-Sentan.co.jp/
先端技術研究所は、本社を横浜に置き、情報技術(IT)分野における日本を代表する先端技術ハンターである。高度な問題解決力、基礎から応用までの豊富な技術力、長年の業界経験と事業実績、米国、ヨーロッパ、イスラエル等との幅広い人脈、強力な国内販売チャネルを差別化として、海外のソフトウェア製品の日本市場への輸入販売等、多方面の事業を行っている。

=============================================
先端技術研究所
Advanced Research of Technologies, Inc. (ART)
http://www.ART-Sentan.co.jp/
KHB16427@nifty.ne.jp
045-978-1292
=============================================

【関連URL(パソコン用)】
 http://www.ART-Sentan.co.jp/

【お問合せ先】
□会社名
 先端技術研究所
□住所
 〒2250024
 神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町473番地30
□電話番号
 TEL:045-978-1292
□担当者名
 工藤 安信