【元F-2テストパイロットが書いた】書籍『戦闘機パイロットの世界』発行のお知らせ

2017年09月21日(木) 18:16:22

国産戦闘機F-2のテストパイロットを務めた元航空自衛隊エースが、“パイロット視点で”ディープに語る戦闘機論。

電子書籍・オンデマンド書籍出版事業を手掛ける、株式会社パンダ・パブリッシング(所在地:東京都台東区)は、2017年9月18日に、新刊『戦闘機パイロットの世界』を発刊しました。

■実際に乗っていた人にしか分からない情報が満載
・加速より減速、上昇より下降が難しい!?
・飛行時には掛け算すらできなくなる!?
・戦闘機の性能で本当に重要なのは何?
・失速には「よい失速」と「悪い失速」がある?

操縦時の体感や見える景色から、計器・HUDの見方、エンジンスタートから着陸までの手順、空戦やマニューバー、失速や緊急時の対応方法まで、
“F-2のテストパイロットも務めた”元航空自衛隊エースがディープに語る1冊です。

■著者紹介
渡邉吉之 (わたなべ・よしゆき)
1951年東京都生まれ。防衛大学校を経て航空自衛隊へ入隊。第8航空団(築城基地)でF-4EJ、飛行開発実験団(岐阜基地)でF-15J戦闘機などのテストパイロットとして勤務。操縦経験機種は各種戦闘機のほか、グライダー、軽飛行機、練習機、大型輸送機、ヘリコプターなど30機種におよぶ。
1990年、F-2支援戦闘機の開発のために三菱重工業に移籍。新製機や修理機のテストフライトを担当し、設計の改善等をアドバイスする。1995年、F-2の初フライトを成功させる。その後、同社の戦闘機の生産拠点である小牧南工場の工場長などを務める。現在は、不動産管理会社で役員を務めたあと、同社にアドバイザーとして勤務。共著に『零戦神話の虚像と真実』(宝島社)がある。

■構成
第1章 戦闘機乗りが見る世界
第2章 戦闘機のコックピットに座る
第3章 戦闘機で空を飛ぶ
第4章 戦闘機乗りが知っておくべきこと
第5章 いざ戦闘任務へ
第6章 空で待ち受ける恐怖
第7章 機体損傷! 最悪の事態を迎えたら

■書籍情報
タイトル:『戦闘機パイロットの世界』
著者名:渡邉吉之
価格:【電子書籍版】980円(税込)
   【書籍版】1980円(税込)

■購入方法
Kindleなど電子書籍書店にて購入、スマートフォンや電子書籍リーダーにダウンロードして購読できます。
https://goo.gl/Vryg1N

【紹介を検討いただける媒体さまへ】
紹介していただける場合は、献本や読者プレゼントも可能ですので、お気軽にご連絡ください。
【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社パンダ・パブリッシング
TEL:03-6869-1318
Email:matsumoto@panda-publishing.co.jp

【関連URL(パソコン用)】
 https://goo.gl/Vryg1N

【お問合せ先】
□会社名
 株式会社パンダ・パブリッシング
□住所
 〒1110053
 東京都台東区浅草橋5-8-11 大富ビル2F
□電話番号
 TEL:03-6869-1318
□担当者名
 松本 善裕