ロゴスウェア、マイクロラーニング「Spotty」店長スマホから写真配信、閲覧状況確認も可能

2018年02月19日(月) 09:28:56

ロゴスウェアは、マイクロラーニング「LOGOSWARE Spotty」(ロゴスウェア・スポッティ)の新バージョンで、部署マネージャが伝達事項をスタッフのスマホに配信して閲覧状況を確認できる機能や、スマホで撮った写真をその場で配信できる機能を整備しました。

ロゴスウェア、マイクロラーニング「Spotty」店長スマホから写真配信、閲覧状況確認も可能
~手軽に確実に伝えて「小さな学び」活性化~

ロゴスウェア株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:石神 優)は、マイクロラーニングシステム「LOGOSWARE Spotty」(ロゴスウェア・スポッティ)の新バージョン(2.1.0)で、店長など部署マネージャが日常的な伝達事項をスタッフのスマホに配信して閲覧状況を確認できる機能や、スマホで撮った写真をその場で配信できる機能を整備しました。より手軽に確実に伝えるSpottyにより、広く組織全体で「小さな学び」(マイクロラーニング)を活性化できます。

「朝礼のように、毎日大事なことを一言伝えたい」「社内ルールの変更があったので知ってほしい」「新しい商品が出たので特長を覚えてほしい」。企業では、本格的なスタッフ研修のほかにも、ちょっとした「小さな学習」の場面が日常業務の中に数多くあります。 「Spotty」は、そうした小さな学習「マイクロラーニング」を手軽に実践できるクラウドサービスです。

今回リリースする新バージョンでは、新たに(1)スマートフォンからの写真配信(2)店長など部署マネージャからスタッフへの配信と閲覧確認ーの機能が整備されました。

(1)スマホから写真配信
部署マネージャがスマホで撮影した写真を、撮ったその場でスタッフに配信できます。タイトルやメッセージを添えられるのはもちろん、複数の写真を自由に並び替えてアルバムとしても配信できます。文書ドキュメントを補い、より正確な情報伝達とスタッフの理解をサポートします。写真の送信は部署マネージャだけでなく、本部社員からも可能です。

(2)部署マネージャからも配信・閲覧確認可能
スタッフへのコンテンツ配信機能は、旧バージョンでは本部社員に限られていました。新バージョンでは、部署マネージャからも配信可能となりました。加えて部署マネージャは、スタッフのだれが閲覧したかどうか閲覧状況を確認できます。未読スタッフに閲覧を促すことで、組織全体に漏れなく周知徹底が図れます。

このほか、QRコードを使った閲覧スタッフ登録、PDFアップによるドキュメント配信、モバイルアプリ(iOS、Android対応)による閲覧、本部での閲覧率把握など各主要機能は前バージョンから引き継がれています。

価格は初期費用なしで、月額9,800円(100人まで)から。コンテンツの配信数・回数は無制限です。

【提供開始日】
2018年2月15日

【対象バージョン】
LOGOSWARE Spotty 2.1.0

【参考URL】
https://spotty.logosware.com/

【会社情報】
ロゴスウェア株式会社
URL: https://www.logosware.com
本社:茨城県つくば市研究学園5丁目20番地2 つくばシティア・モアビル5F 502号室
東京オフィス:東京都台東区台東4-13-21 TOWA SKY BLDG. 3F

2001年7月に設立されたIT系ベンチャー企業。「情報や知識を、より手軽に、確実に、素早く、低コストで伝えるインターネット ソリューションを提供する」 ことを目標として「eラーニング事業」に加え、「Webコミュニケーション事業」「デジタルドキュメント事業」「Web&コンテンツ事業」を主力業務として事業活動を手がける。

【お問合せ先】
□会社名
 ロゴスウェア株式会社
□住所
 〒3050817
 茨城県茨城県つくば市研究学園5丁目20番地2 つくばシティア・モアビル5F 502号室
□電話番号
 TEL:029-859-8708
□担当者名
 松本