【ペットとの防災を考える】

2018年06月19日(火) 16:51:40

ペットとの避難はいろいろな課題が残されたままです。万が一の備えはできていますか?

「災害が起きても、避難所へ行けばなんとかなるんじゃないの?」
など思っている方が大変多いです。

ですが通常72時間ほど行政からの支援が届かない、など待機する間の時間の過ごし方がストレスに直結します。

そしてペットと同伴の避難は簡単ではありません。

阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震・・・大きな地震があった時、ペット同伴で行ける避難場所がない、ペットに与えられるフードがない、など多くの問題が上がりました。

自宅での待機ができる場合も備蓄があるのと無いとでは大きく違います。

そこで関西ペット協会では、ペットにも安心してシェアできる「マヒマヒ缶」(シイラ100%・安心安全な国産品・無添加)を、高知県の黒潮町缶詰製作所さまの防災備蓄缶セットとあわせ、ペットとの防災対策缶詰セット販売をスタートしました。

http://petinformation.jp/bichikukan/


大量に持ち運びが難しいときも、シェアできる防災備蓄缶詰をお持ちいただければ、支援が来るまでの間は少しでも安心していただけると思います。

【関連URL(携帯用) QRコード】

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
【お問合せ先】
□会社名
 一般社団法人関西ペット協会
□住所
 〒6540155
 兵庫県神戸市須磨区西落合
□電話番号
 TEL:080-4247-7622
 ショートメールで先にお名前などを通知ください。
□担当者名
 熊沢