経済産業省と農林水産省が推奨する農商工連携に即した『農商工連携コンサルティング』を本格的にサービス開始。

2009年10月14日(水) 18:14:24

株式会社マーキュリーコンサルティング(東京都品川区、島倉大輔・代表取締役)は、経済産業省と農林水産省が推進している『農商工連携プロジェクト』を支援するコンサルティングサービスを本格展開することになりました。

株式会社マーキュリーコンサルティング(東京都品川区、島倉大輔・代表取締役)は、経済産業省と農林水産省が推進している『農商工連携プロジェクト』を支援するコンサルティングサービスを本格展開することになりました。

今、経済産業省と農林水産省が強力に推進しているのが「農商工連携プロジェクト」。農商工等連携関連の法律「中小企業者と農林漁業者との連携による事業活動促進に関する法律(農商工等連携促進法)」、「企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律の一部を改正する法律(企業立地促進法改正法)」が成立、地域の中小企業と農林漁業者が協力、連携し、相互の経営資源や強みを活かして行くことで、新しい商品やサービスを開発し、販売を促進していく方針が国家プロジェクトとして推進されています。

農商工の連携は、地域活性化、地域再生の最後の切り札として注目されています。しかし、具体的にどのように連携すればよいのか、どのようにビジネスプランに落とし込んでいけばよいのか、そもそも中小企業者と農林漁業者の持っている強みは何なのか、どのように相乗効果を狙って行くのかといった具体的な進め方がわからずに、現場でプロジェクトが遅々として進まない状況です。

当社では、早くから農商工連携に着目し、農商工連携を支援するコンサルティングを行ってきました。多くの中小企業、及び農林漁業者の要望を受け、この度、農商工連携プロジェクトを推進するプログラムを構築、『農商工連携コンサルティング』として本格的に展開することになりました。

農商工連携を成功させるポイントはいくつかありますが、重要になるのが、商品開発、販路開拓、ネットワーク活用。売れる商品・サービスを開発し、売れる仕組みをつくって拡販を行い、地方公共団体や公的機関、商工会議所などのネットワークを活用して、農商工連携を成功に導きます。地域特産品の販促力強化やブランド化、中国マーケットへの進出支援など、多数のプロジェクトを成功させた実績がありますので、過去の成功事例をベースにしながら、わかりやすく丁寧にコンサルティングを進めます。

<対象>

(1)地域資源を活用して新しい事業を展開したいと考えている中小企業
(2)どのように売れば売れるのかわからずに困っている農林漁業者
(3)地域資源を活かして起業したいと考えている起業家

<導入メリット>

(1)商品設計の基本的な考え方と手法を学ぶことができる
(2)販路開拓の方法論と具体的なスキルを学ぶことができる
(3)各種ネットワークの活用術を学ぶことができる

なお、詳しいコンサルティングの内容や事例などについては、当社ホームページをご覧ください。

※農商工連携コンサルティングに関するホームページはこちら
 (http://www.mercuryconsul.com/consulting4.html)


【 本件に関するお問合せ先 】
中小企業成長支援専門コンサルティング会社
株式会社マーキュリーコンサルティング
農商工連携コンサルティング 担当:若林
http://www.mercuryconsul.com/
MAIL: info@mercuryconsul.com TEL: 03-3768-4268

【お問合せ先】
□会社名
 株式会社マーキュリーコンサルティング
□住所
 〒1400011
 東京都東京都品川区東大井6-4-3
□電話番号
 TEL:03-3658-4268
□担当者名
 若林