北区の魅力を高めるシティプロモーションを通じ「東商北支部 渋沢栄一イヤー」を盛り上げてまいります!

2021年01月22日(金) 16:43:15

東京商工会議所北支部(越野充博会長・越野建設㈱社長)は、大河ドラマ放映、新一万円札の起用を契機として多くの関心が寄せられている渋沢栄一翁の思想を広く発信するため、「東商北支部 渋沢栄一イヤー」と銘打ったシティプロモーションを展開します。

東京商工会議所北支部(越野充博会長・越野建設㈱社長)は、大河ドラマ放映、新一万円札の起用を契機として多くの関心が寄せられている渋沢栄一翁の思想を広く発信するため、「東商北支部 渋沢栄一イヤー」と銘打ったシティプロモーションを展開します。

 いよいよ来月から、渋沢翁を主人公としたNHK放送予定の大河ドラマ「青天を衝け」が放映開始となります。2024年に新一万円札に渋沢翁が起用されることもあり、渋沢翁の精神と、渋沢翁が人生の拠点とした北区に改めて注目が寄せられています。

 当所は現在、渋沢翁の顕彰にあたり、北区、埼玉県深谷市、深谷商工会議所、深谷市商工会、深谷市、(公財)渋沢栄一記念財団、板橋区と7者で『渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定*』を締結しています。
 本協定に基づき、渋沢翁が人生の拠点とした北区王子・飛鳥山には、当支部などの民間団体と北区が公民連携で23区内初の「大河ドラマ館」を設置予定で、渋沢翁の精神を広く発信するとともに、区の活性化に取り組んでいます。

 なお、当支部では、更なる機運醸成を目的に「東商北支部 渋沢栄一イヤー」のキックオフと位置付ける「新年祝賀式」を1月20日に開催しました。
 主催者あいさつの際、越野会長より「コロナ禍の今、北区を愛した渋沢栄一翁の『逆境の時こそ、力を尽くす』との精神を受け継ぎ、その功績を知ってもらう活動で地元を盛り上げたい」と呼びかけ、参加した区内事業者からも「渋沢栄一イヤー」に一丸となって取り組む決意を新たにいたしました。

今後、当支部では、新たに立ち上げたプロモーション・まちづくり分科会を中心に渋沢栄一に関わる観光名所や、隠れた名店など、王子・飛鳥山への来街者向けに北区の魅力を伝えるまち歩きマップを発行予定です。今後とも、「渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定」を軸に、渋沢栄一の功績の顕彰と、北区の魅力を高めるシティプロモーションにもオール北区で取り組んで参ります。

『渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定*』…現在改めて関心が高まる渋沢翁の顕彰にあたり、各団体・自治体が持つそれぞれの特徴を活かしながら、多様な分野で包括的な連携と、協働で事業を推進することにより、魅力ある地域社会の形成・発展及び住民サービスの向上に資することを目的に締結。

【お問合せ先】
□会社名
 東京商工会議所 広報部 広報担当
□住所
 〒1000005
 東京都千代田区丸の内3-2-2
□電話番号
 TEL:03-3283-7696
□担当者名
 髙橋