ECC学園高校教頭が『不登校、ひきこもり ――こころの解説書』を出版

2010年06月09日(水) 17:07:42

ECC学園高等学校(総合教育・生涯学習機関の株式会社ECC経営)の教頭を務める金馬宗昭が『不登校、ひきこもり――こころの解説書』を出版しました。Amazon.co.jpの9つ全てのカスタマーレビューで最高評価の5つ星を獲得しています。

―――――――――――――――――――――――――――――
   僕自身が「ひきこもり」だったから伝えられること
ECC学園高等学校教頭著書『不登校、ひきこもり―こころの解説書』
 ★Amazon.co.jpの9つ全カスタマーレビューで5つ星を獲得!
―――――――――――――――――――――――――――――
総合教育・生涯学習機関の株式会社ECC(本社:大阪市北区、代表理事:
山口勝美、以下ECC)が経営する、ECC学園高等学校(本校:滋賀県高
島市、学校長:玉垣勝、以下ECC学園高校)の教頭を務める金馬宗昭が、
『不登校、ひきこもり――こころの解説書』を平成22年3月8日出版。総合オ
ンラインストアのAmazon.co.jp(R)(http://www.amazon.co.jp)のこ
の商品に関する9つ全てのカスタマーレビューで最高評価の5つ星を獲得し
ました(6月9日現在)。

◆著者が身を削るように綴った体験的支援法

 厚生労働省の報告によると「ひきこもり」をかかえる世帯は約32万世帯
(平成16年度)。現ECC学園高校教頭である著者も、かつて「ひきこも
り」に悩む一人でした。教員を目指し、明るく前向きだった青年が、ある日
突然陥った暗闇の世界――。そこからいかに立ち直り、同じように悩む生徒た
ちをサポートする現在に至ったのか。身を削るように綴られた体験記は、不
登校・ひきこもりの人への支援のありかたを当事者の立場から解き明かすた
めに、あえて著者が選択した道でした。
 ある日、長年ひきこもっていた青年S君から10年ぶりに届いた手紙。「彼
のような不登校やひきこもり、ニートの子どもたちのご家族に、僕が通訳と
して『ひきこもりの心』を伝えたい」という著者の思いから、この本は生ま
れました。

 かっこわるい自分と真摯に向き合う体験記に胸えぐられ
 示唆に富む教育のカタチに心打たれ
 支え続けた人の存在に思い至る ――3度泣ける教育書です。

【概要】
[名称]『不登校、ひきこもり――こころの解説書
         僕がひきこもりだったときに言えなかったこと』
[著者]金馬宗昭(ECC学園高等学校 教頭)
[出版社]学びリンク      [価格]1,260円(税込)
[Contents]
 第1章 僕の土台が崩れた日
 第2章 動けない日々
 第3章 誰か僕を教師にしてください……
 第4章 人の役に立つ喜び
 第5章 現在の仕事との出会い
 第6章 ECCでの経験
 付 記 アスペルガ―症候群の子どもたちから学んだこと
 卒業していく君たちへ

★全国主要書店にて発売中!
 Amazon.co.jp、セブン・アンド・ワイ 他でも取り扱っています。
 「ECCのお店」http://ecc-shop.com/でもご購入できます。

【読者の声】(Amazon.co.jpのカスタマーレビューより一部抜粋)
●この本に救われました(Byとろふぃ)投稿日2010年3月26日
 私も、この本に書かれているような子供を持つ親の一人です。長い間、子
供のことが理解できなくて苦しんできました。子供も苦しんでいますが、
我々家族も本当に苦しんでいます。助けを求めて、心療内科などの医療機関
に本人を連れて相談に行ったり、夫婦でカウンセラーの方に相談に行ったり
しました。しかし、これといって解決の糸口を見つけられませんでした。
 でも、この本と出会ったことで、子供が小学校の高学年だったころから、
10年かかっても理解できなかった子供のことを、ようやく理解できそうな気
がしてきました。まだ、この本を読み終えたところなので、子供に大きな変
化が訪れたわけではありませんが、私の気持ちはとても楽になりました。こ
の本を求めている人は、今の日本にはとても多くおられると思います。同じ
苦しみを抱えている人には、必ず読んでいただきたい1冊です。

※Amazon.co.jpは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

【著者プロフィール:金馬宗昭】
1969年大阪府生まれ。現在は京都府在住。奈良大学文学部地理学科を卒業
後、京都の公立・私立高校で講師生活をする。その後、数年のひきこもりを
経た後、1998年にECC高等学院で勤め始める。現在は、2008年に開校した通
信制高校のECC学園高等学校の教頭。趣味はスポーツ観戦、釣り。

【参考】ECC学園高等学校について
 ■総合教育・生涯学習機関ECC/広域通信制・単位制高校
 ■本校所在地:滋賀県高島市今津町椋川512-1
 ■問い合わせ先:0120-027-144
 ■HP http://www.ecc.ed.jp/
※学習センター(大阪、京都、名古屋)又は提携サポート校(福井、
  滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)での学習スタイルです。

≪プレスリリースに関するお問い合わせ≫
株式会社ECC  広報:宮本、泉  Mail: kouhou@ecc.co.jp
〒530-0044 大阪市北区東天満1-10-20  http://www.ecc.co.jp/
Tel: 06-6352-0148 (受付:10:00~19:00) Fax:06-6352-0138

【関連URL(パソコン用)】
 http://ecc-shop.com/?pid=19475220

【お問合せ先】
□会社名
 株式会社ECC
□住所
 〒5300044
 大阪府大阪市北区東天満1-10-20
□電話番号
 TEL:06-6352-0148
 (受付 10:00~19:00)
□FAX番号
 FAX:06-6352-0138
□担当者名
 泉阿津沙